RSS | ATOM | SEARCH
神楽坂 中華そば田中屋
今年もあっと言う間に12月。

毎年の事ながら、どんどんそのスピードが上がっているようで嫌になります。

このお店も気が付いたら人気店になっていたようで、

個人的にはまるで置いてけぼりになってしまった様。

お店が出来たのは、たしか今年の6月ぐらいか。 恐る恐る初めて入ったのは8月ぐらい。

先にネットで知れべてみたら人気の長浜とんこつ系のラーメン屋が出した支店のようで、

否応なしに期待が膨らんだのを覚えている。

そして最初のインプレッションとしては・・・・

ものすごく澄んだスープと麺や具材も丁寧な作りで完成度は非常に高いが

全体的なパンチ力が弱いなぁと、まぁ言う所の優しいお味。 

ここで一度、正直この店いはもう行かなくてもいいかなとも思っていた。

そして、2回目に来た時は、こってりが選択可能になってて鳥脂(チー油)か

背油が追加できるようになっていた。

この時はチー油を選び、以前のスープより香りも良いし気持ち濃厚に、

チャーシューも最初の頃よりも歯ごたえのホロリ感が強くなったなと。

そして3度めの背油投入で自分の求める味にフィットしてから完全にハマッた。 

求めていたパンチ力が加わり、言う所の野郎が求める味になったと共に

個人的にはベストバランスな味の領域に入った。

この短期間に調整とアップデートを行ったのにはちょっとビックリ。

これで、さっぱりを好む客とこってりを求める客を確実にターゲットに出来てしまったのだ。

やはり元人気店がやるとこうも違うのかと、プライドと力を感じました。

背油のパンチと共に澄んで上品な塩スープのバランスが新しい。

そしてラーメンの麺とは思えないストレートで平打ちのうどんのようなストレート麺は

ぬるりとした食感と喉越しがまたイイ。

チャーシューは焼いておらず、ほぼ煮豚なんだが初期よりも厚みが増して食感が楽しくなった。

最近の自分のお気に入りは「ねぎそば」。

ネギは一度油であえてあり、背油のこってり感にネギのしゃっきりしたアクセントがたまらない。

また韓国風明太ごはんも美味しくて、明太ごはんにごま油が垂らしてあるだけなんだが、

これがスープと一緒にいただくとまた美味。 よく出来てる組み合わせ。

考えてもみれば、ここは神楽坂。

夜一杯やって〆のラーメンという感じなら、これくらいさっぱりなほうが、

中高年には嬉しいじゃないか。 ホントよく考えてあるもんだ。

ちなみに写真は肉そばです。 これもチャーシューぎっしりで旨い。

 

 

author:hideono, category:神楽坂・江戸川橋・飯田橋方面, 10:21
comments(0), trackbacks(0), - -
日光市 船場亭

栃木の名物は餃子や日光だけじゃありません。

鮎も名物の一つです。 夏に氾濫した鬼怒川をはじめ栃木の川には

梁「やな」と言われる鮎をとる仕掛けみたいなのが多くあり、その近くが食事処となるのです。

以前は夏しかやってなかったようなんですが、今ではほぼオールシーズンらしく、

鮎の季節ではないときは猪鍋やら鰻なんかもやってるのだそう。

実家から一番近いのが日光市の船場亭だったので家族で行ってきました。

12時ちょっと前だったんですがクルマも一杯。川横の席も一杯だったんですが、

運良く座ることができました。

梁の食事処は席に着いたらレジにて注文。席の番号を伝えると持ってきてくれる。

(だから席の移動は禁止です) 

釜で炊く鮎飯は旨いんだけど時間がかかる。 ちょっと考えたけどせっかくだからと注文しました。

それに鮎の塩焼き、から揚げってとこです。 

夏だったらビール行きたいところなんですが、さすがに11月だと寒いので

食事がくるまでは、お茶で川の流れをみて日常の忙しさを忘れる時間。

まずはから揚げ。フライになってて頭からパクリいけます。味付けは醤油ベースかな。

まぁまぁです。 これはビールないとちょっと評価できないかな。

そして本命の塩焼きがドーンッ!と1つに盛られてやってきました。 ど迫力!

良いコンディションの鮎が8匹も盛られてる!! 

皮はパリッ! 中ふんわりで香りが良いなぁー。 

ワタも程よい苦味に草の香り、これも鮮度の良さだねぇ。

正直、天然ではないのは分かってても十分満足の質の量です。 

そして釜でやって来ました鮎飯。 木の蓋を開けるとお米のちょっとこげた香り。

鮎のふんわりした香りに醤油の香りが相まってたまらん!!

口の中に入れるとおこげの香ばしさと醤油の力強い味、鮎の脂がドカン!とやってきて、

もうそれからは夢中で頬張るり続けました。 これは旨い。

注文から30分かかるけど、絶対注文したほうが良い!

さすがに量が3人前とあって、残ってしまったので持って帰ってきましたが、

次の日の朝もあのテンションのまま、ご飯を食べる事が出来ました。

いやー鮎って偉大だわ。 ちなみに12時以降はすごい人ごみになってしまい、

注文するレジも行列、鮎飯も1時間待ちとなったので予約か早めの来店がよさそうです。

 JUGEMテーマ:最近行った美味しい店

author:hideono, category:栃木県(宇都宮・日光・佐野・那須)方面, 14:13
comments(0), trackbacks(0), - -
宇都宮 ステーキ宮
 またもや、ちょっくら栃木に帰ってきました。

そうは言ってもこれからどんどん寒くなるから、今年はこれで最後かな。

栃木の冬はとても寒いので、生まれ育ったくせに

寒さに弱いので冬のシーズンは帰らないようにしております。

今回はクルマでの帰省なので、

なんか買い物でもしてくかとイトーヨーカドー宇都宮店に行きました。

郊外型の商業施設はとにかく広いし、東京にはない面白さが結構ありますね。

丁度お昼時だったので、久しぶりにステーキ宮に行ってみました。

今は名古屋の会社に買収されてしまってますが、もともとは地元のステーキ屋。・

子供の頃から馴染みがあり、良いトコも悪いトコもよく知っているつもり。

 

さてこの店、ステーキ、ハンバーグを始めとした鉄板系のメニューをはじめ、

ライトミールも揃っているんですが、是非食べて欲しいのは宮のタレが選べる鉄板系。

ランチタイムはライス、スープはおかわり自由。 そして宮のタレもww

つまりは宮のタレでごはんおかわりしちゃう人が結構な数いるんです。

玉ねぎ、ニンニク、にんじん、りんごを初めとした野菜を

ミキサーでピュー状にし、醤油ベースのタレに漬け込んで出来たのがこのタレ。

なんで知ってるかって? 

ステーキ宮ではないが、似たような店で高校の頃バイトしてたんです。

このタレはなんと栃木以外では、ほぼお目にかかれないんですね。

(最近は都内でもスーパー行けば売ってますが)

 栃木から出てみると、他県と違うところが色々見えてきて面白いんですが、このタレもそう。 

県民は気づいてないかもしれませんが、十分ユニークなところなんです。

 

これを鉄板にジューーーッとかけて細かく切ったステーキにたっぷり絡ませて

オン・ザ・ライスで。 かならず、ごはんと一緒に食べるべし。

これが旨い旨い。

ハンバーグなんかも、わざと潰してタレを染みこませやすくして食べたり、

ポテトなんかも、タレに染み染みになるまで待ってから食べたりと

あっと言う間にご飯とタレが無くなるって訳です。

最近はライトミールを頼む人も見かけますが、ほとんどこのタレ目的なんじゃないかな。

まぁ正直、しょっぱくてパンチのあるタレだから

栃木県民は血圧が高くて脳卒中率が高い理由も良くわかる味付け。

でもそれであっても食べてしまうソウルフード。 

仕方が無い仕方が無いと背徳を感じながら食べる料理はたいがい旨い。


author:hideono, category:栃木県(宇都宮・日光・佐野・那須)方面, 11:05
comments(0), trackbacks(0), - -
新中野 やるき
 カレー部の活動である。

と言ってもどちらかと言うと気の合うガンダム仲間と呑みである。

みんなご近所なので、普段は世田谷から出ないのですが

どうしても気になるお店があったので、みんなでわざわざ新中野に参上です。

 

このお店はスパイス居酒屋。 

店員さんはインド人、もともとやるき茶屋で勤めていて独立されたみたい(だから店名もやるき)

とにかく、料理がなんでもかんでもスパイスが効いたカレー味とのこと。

店は1階と2階があって2階は禁煙席らしい。 タバコを吸わない人には良いですね。

とりあえず王道である煮込み、砂肝、タンドリーチキン、ポテトサラダ、ぱりぱりキャベツを注文。

みんなはシンハービール、自分はいきなりホッピーセット頂きますよ。

予想通り、あっという間に出てきました煮込みとぱりぱりキャベツ。

ぱりぱりキャベツには緩めのキーマカレーが付いていて、それにキャベツを付けて食べる。

そこまで辛くないから普通の人にも安心。

このお店はお通しが出ないので、こう言った料理が代わりになる。

煮込みは見た目、普通なんだけど味はスープカレーと言ったところ。

非常にクリアなスープで煮込んでおり、大根、ニンジン、こんにゃくがカレー味にすごく合う。

予想したよりも上品な味付けだ。 モツの鮮度もかなり良さそうでスパイス聞かせなくても十分イケそう。

タンドリーチキンが串に刺さって、その間にネギがいるから言う所のネギ間だなww

肉もプリプリで柔らかくてネギもカレーが染みこんでいて旨し!

砂肝は丁寧に包丁入れされて歯ごたえがいいし、

こちらはネギ間と違い直接スパイスをふりかけられているからパンチ力が違う。

両方とも大振りなので、3人で2本づつシェアする形で十分満足。

 

続きましてマサラパパドにパクチー卵焼き。 そして主役の特大マトンカルビステーキ♪

マサラパパドも卵焼きもパクチーたっぷり! シャキシャキっとして旨い。

そしてマトンカルビステーキは骨付きで厚みも結構ある!アサミとナイフが添えられており、

うまく切り分けいただきます。

マトン特有の臭みもスパイスのおかげで全然感じないし、歯ごたえもイイね。

やっぱりコレにあわせるのはウコン茶ハイだね! コレで次の日も安心です。

 

3人でかなりの量食べて飲んでしたけど1人3000円ぐらいで済んじゃいました。

素晴らしいコスパ。そして満足度も非常に高く、場所が新中野なのが悔やまれる。

しかし、このお店はわざわざ来る甲斐ありましたよ。

author:hideono, category:荻窪・高円寺・吉祥寺・中野方面, 16:48
comments(0), trackbacks(0), - -
恵比寿 ロウリーズ・ザ・リブプライブ東京
 また、ちょっとサボリ癖が付いてしまいました。汗

この一ヶ月ぐらいはハードワークもなく、ほどよく家メシだったせいもあるかもしれません。

久しぶりの外食。 なかなか来る機会がないところに行こうかと、この店を選んでみました。

始めて知ったのは赤坂にあった時だったか、気がついたら恵比寿に移っていたようです。

オンラインで予約ができるのは気持ち的にも楽で良いですね。 

行こうと決めてから2週間後しか空きがありませんでした、やはり人気店ですね。 

店の内装はアメリカンな大人のナイトクラブみたい。

肉が入っているシルバーカートがなんかスチームパンクでカッコイイ!

日本人以外のスタッフも多く多国籍な感じがします。

さて当然、ここは王道であるリブプライムを注文。 サラダや付け合せは付いてきますが、

前菜で何か欲しいと牡蠣を注文。小ぶりではありましたが美味しく頂きました。

併せたのはシャンパン。 こちらも程よいキメ細やかな泡でリッチな気分を味わえました。

 

さてサラダに移るわけですがこちらのサラダはスピニングボールサラダといい、

ボールの2層式にし下の氷で冷やしながら上のボールを回し冷やしながら、

オリジナルドレッシングを混ぜていくスタイル。 

いわゆるパフォーマンスの一貫ですが中々楽しめる余興です。

ドレッシングはカルダモンなどカレーで使われるスパイスが多く入ったオーロラソース風。

レタス・オニオン・ゆで卵、トマトなどなど、ビーツも入ってたっけ。結構量はありますね。

食感の違いも楽しめたし、このドレッシングは家で取り入れても良さそう。

 

さて主役のリブプライムは例の保温性のあるシルバーカートから直々にカットしてくれます。

ここに来たらやっぱロウリーカットでしょっ! 迫力の300g。 この歳には大いなる挑戦です!

付け合せはデフォルトでマッシュポテト、これにコーンクリーム、

クリームドスピナッチも選べますが、自分はクリームドスピナッチをお願いしました。

皿からはみ出るお肉は圧巻。 肉汁で作ったグレイビーソースをたっぷりつけて

大きめにナイフでカットして口のほおばると、肉汁がジュワーと、そして程よい歯ごたえ。

ワッシワッシ食べる感じで、なんとなく野生に帰れる気がします。

当然部位によって味を楽しめるので、脂身の部分はトロトロだし、外の火が通った部分はカリカリで

香ばしさと違った食感が楽しめる。 ロウリーズカット以上の厚さには骨の近くが提供されるようで、

専用のナイフが渡される。 この骨の近くが肉の旨みが濃くとても旨い!

摩り下ろされたホースラディッシュも添えられるので、ちょこちょこ付けて口の中をさっぱりさせる。

それとこの肉を焼く時にでる脂で作ったヨークシャープディングも付くのだが、

これはクリームドスピナッチと一緒に食べると、まったりしたリッチな味わいでこれもまた美味でした!

後半の肉が提供されたぐらいからテンションMAXでとっても楽しかった!

食後はデザートの注文も良いですが、食後酒にシェリー酒とコーヒーで高ぶった気持ちを落ち着かせます。

最近はこの手のお店から気持ちが離れていたのですが、たまに行くのはいいですね。

素直に楽しめましたし、お店の雰囲気、スタッフにも満足でした。

それにしても、自分達以外の席ではハッピーバースデー連発で、やはり記念日に来る感じのようです。

お店の人たちも慣れたもので、歌も上手。 ハレの日使いが良いようですね。

最後になりましたけどワインは、カベルネ種で人気なもの何ですか?という質問に、

ベリンジャー ナイツ・ヴァレー 2013を薦めてくれました。

お店でもグラスワインで提供しているとかで、最初一口飲むと樽の香りが強いですが、

基本はどっしりあっさりで肉料理の中でも割りとさっぱりぎみのプライムリブには

とても相性が良い印象でした。 4人で2本空けましたけどね。ハハハ


JUGEMテーマ:最近行った美味しい店

author:hideono, category:新宿・渋谷・原宿・恵比寿方面, 14:14
comments(0), trackbacks(0), - -
鈴鹿サーキット 大分 とりあん
 今年も無事、F1日本グランプリin鈴鹿に行って来る事ができました。

これも終わると今年ももうすご終わりだと毎年のように思います。

多分、鈴鹿始まって以来、初の9月開催となってしまい自分にとっても

始めて決勝が終わって、その日中に帰路に着く予定になりました。

結果から言うと、鈴鹿サーキットから白子の駅までバスを使いましたが、

バス専用道路を開催中設置するなど非常にスムーズで、

夜の10時には家に着くことができました。

2000年初頭だったら考えられない事です。 そう考えると色々と進化してるんですね。

 

さて、そんなグランプリウィークの楽しみの一つはやっぱり食べ物。

毎年、B級グルメなどのブースが出たりと、幅の利いた美味しいものがたくさん並ぶわけですが、

今まで盲点で、いつもお取り寄せ部門上位にいる、大分の「とりあん」もあったんですね。

ふらふら見てたら急にあったからびっくりしました。しかも列できてないしww

即効ゲットしました! 1カップ500円だからグランプリ価格ですね(涙)

ビール片手にさっそくガブリッ! 

まずは薄く、軽い衣でちょっと驚きが。 その後柔らかい肉の食感と

肉汁とほのかに香るニンニクの香りのついた醤油味。

味付けも十分なインパクトはあるにも関わらず、そんなに濃くない。

何よりも重さがなく、サクサクとスナック感覚で食べられるので、

気づいたら結構な数食べてしまってる。この軽さは危険だわ。

500円は高いけど、失礼ながら他のブースでだしているから揚げを食べるぐらいなら、

ここで食べたほうが絶対にイイのになぁ。

帰り、白子行きのバスの中から支店らしきものが見えたので、

そこからブースだしてたのかもしれませんね。

 

ちなみに晩ごはんは昨年と同じ、あなごの魚長へ行きました。

お造りの奥深い味わいと、天ぷらのふんわりした旨さは格別。

おいしかったー!

帰りにご主人とF1談儀を少々、

地元のみなさんはホンダを愛してるなぁとつくづく思いました。

ゆえに今の戦跡では納得行ってないでしょう。

始めて1年目とは言え、早々正念場がきてると思います。

 


JUGEMテーマ:唐揚げ
author:hideono, category:三重県鈴鹿市 F1GP, 10:42
comments(0), trackbacks(0), - -
静岡 炭焼きレストラン さわやか

行きは中央道から、帰りは東名御殿場からと決めていたので、

ずっと行ってみたかったここに来る事ができました。

ご当地ファミレスというやつで以前テレビで紹介されており気になって気になって♪

休日は行列覚悟なので、平日の昼早めを狙ってやってきました。

早めにも関わらず、さすがに客が結構入っていますね。 

ランチメニューは大体1000円以下からありリーズナブルなんですが、

その中でも1000円オーバー、ちょっと高め、

番組で紹介されていた「げんこつハンバーグ」行ってみましょう!

ここのハンバーグの特長はレアの状態で自分で焼加減を調整して食べていくスタイル。

北関東だとフライングガーデンとか宮崎の平家の郷が近いと思います。

その中でもここ「さわやか」は地元住人の支持率が高いようで実に楽しみ。

注文から5分程度で鉄板が運ばれてきました。 ウエイトレスが下に敷いてあるランチョンマットの

手前を持ち、油跳ねに備えろと促しますが最初なのでどうしたら良いかわかりません。

丁度、マットの半分ぐらいまで持ち上げて鉄板が置かれるのを待つようです。

置かれた鉄板に乗っているハンバーグはホントまん丸! これをウエイトレスが

大きなフォークとナイフで半分に切り、その切られた断面を鉄板に押し付け、ジューーッと

軽く焼いていき、ソースをたっぷりとかけたら、お食べ下さいというシステム。

手際良くやって頂きましたが、なかなか手間がかかっておりますね。 

当然置いておくほど焼かれていってしまいますので早々ナイフを入れていただきます。

焼かれた断面の香ばしさと生肉独特の食感が口の中で一つになり、これは新しい感覚!

その昔、品川つばめグリルの焼肉エリアで無理言って出してもらったそれに似てるけど、

こちらのほうが鉄板を使う事で肉汁が逃げてない感じがしましたね。

それでいて荒引きの肉を使っているらしく、歯ごたえ、食感をかなえ重視している気がしました。

ソースは今回、玉ねぎソースで食べましたが、こちらも予想より上品な味付けで

店名同様、さわやかに食べる事ができました。 

ステーキ宮の宮のタレほどハードで濃い感じではないです。 

この事から肉で勝負しているなぁと言う印層を持ちました。

丁度、入店するとき出てきた夫婦が「わざわざ来てよかったね」と言っていたので、

自分たちと同じ、他県ナンバーだったんでしょう。

自分たちもまったく同じで、わざわざ来てよかったと素直に思いました。

ソースはウエイトレスがかけてくれるので、そのままお願いしてしまいましたが、

今度はソースは自分のタイミングでかけて、最初は塩で試してみても良いかと思いました。

ちなみに富士鷹岡店に行ったんですが行く途中、ステーキのどんやらステーキ宮など、

あったのでかなり激戦区と言ってよさそうですね。

都心からも、そんなに離れていないのでドライブやツーリングがてら行くのも良いでしょう。

 

 

author:hideono, category:伊豆・箱根・静岡方面, 11:37
comments(0), trackbacks(0), - -
川口湖 たけ川うどん

先々週、実は夏休みを頂いておりました。

タイミングが良いのか悪いのか、丁度、例の水害に実家が巻き込まれていました。

まぁ実家が川の横なので、子供の頃から氾濫などあるだろうと覚悟はしてたんですが、

まさかこのタイミングとは。

父母は避難所にいたので、ちょっとは安心してましたが、家のほうは床下まで、

奥に大谷石で作られた蔵があるんですが、こちらは床上まで食らってしまいました。

まだまだ復旧中。隣町の鹿沼なんかも酷い状態で心配ですが、

北陸地震の時もそうだったように、前を向いて進んでいかなければなりません。

 

さてそんな実家が大変だった時にボンクラ長男は河口湖のほうに

2泊旅行なんてしておりました(汗)

ホテルは「湖南荘」。 台風の風で雲が吹き飛ばされたのか富士山もキレイで、

風呂も大きいし、料理も部屋食でゆっくり、しかも美味しい! 

ホテルの方の対応も満足で充実した2日間を過ごす事ができました。

旅行の楽しみの一つはやはり料理。昼食は近くの吉田うどんかなと色々調べてたら、

意外とホテルの近くにありました。 吉田市ではないので

吉田うどんと言ってよいのか悩むところですが、見る限り吉田うどんのそれです。

その名を「たけ川」。

店は、田舎のほうによくある古いタイプの密集店舗の一角にあり、

そこだけ人がガヤガヤしております。ついたのが11時半ぐらいでこれなので期待できますね。

畳の大部屋に4人席がずらりと並んでる。 

メニューも熱いかつけか。つけか肉かと大きさのみ。 割り切っててヨイ!

注文してから5分で到着。 キャッシュオンデリバリ方式ですのでお金はその時に。

この日はちょっと暑かったので、自分は肉つけうどんを注文しました。

無骨なうどんは艶があるわけでもなく、太いのも細いのもある。

その横に茹でたキャベツが添えられており、ばら肉がつけ汁の下に沈んでおりますな。

これ、馬肉なんですね。 食べた時は牛かなって思ったんですが、

あとから調べてみたら馬肉とのことでびっくり。 意外とさっぱりしておりまね。

なんか麺がすごく硬い。歯ごたえがあるを通り越してるぐらい硬い。

でも噛んでいくと小麦の香りがすごくいいですね。 ちょっと甘めで油揚げの入ったつけ汁は

なんとなく埼玉のうどんを彷彿とさせるが、うどんのと相性はいいですねぇー♪

ずるずるっと食べるよりは、ワシワシ噛んで食べるうどんって感じでしょうか。

 

テーブルの上の天かすは取り放題ですが、あまり入れすぎると味がぼやけてしまうから注意。

七味と山椒とラー油のそこに貯まってそうな練り唐辛子。 

山椒がこのうどんには合っているように思えました。 すごく旨みが増す!

 

後からもどんどんお客が入ってきては、すぐ出て行くという庶民派なお店。

ガテン系の人、タクシーの運ちゃん、ママ友と幅広く地元の人に愛されてるお店ですね。

ちなみに2人で行って併せて1000円ぐらいだったのでお財布にも優しい!

ごはん時はすごく混むようなので、行く時間を外していったほうがよさそうです。

 

PS:その後1週遅れで実家にも帰ってきました。完全復旧へはちょっとかかりそうですが、

なんとか出来る範囲で手伝ってきましたとさ。

author:hideono, category:伊豆・箱根・静岡方面, 09:50
comments(0), trackbacks(0), - -
花のズボラ飯 明太子豆腐丼

料理マンガブームはまだまだ続きます。

次に手にしたのは「花のズボラ飯」。 

こちら原作は「孤独のグルメ」の久住昌之さんなんですね。

孤独のグルメもドラマが10月より再開されるし楽しみです。

さて物語は結婚してるが旦那が単身赴任の為、だらしない生活をしている嫁の話w

部屋は汚い、洗濯しない、メシ作るのが面倒くさいと、

最初、読んでて正直イライラしましたw こんな嫁ゴメンです。

でも、読み進めていくと旦那愛から、帰ってくる日には

とりあえず片付けてキレイにしたり、友達や旦那の為に思いやったりと、

能天気な明るさを持つ主役の花に引き込まれるマンガでした。悪くナイナ。

さて、そんなズボラ嫁の花が電車の中で大学生2人の会話、

簡単で旨い丼に聞き耳を立てる話に注目。

丼にごはんをよそって、手でグチャグチャにした豆腐半丁分を上に乗せ、

明太子を皮から出して崩してちりばめ、刻んだネギをパラパラやったら、真ん中に

バターの落として1分半ぐらい、レンチン! 最後、醤油を回しかけたら完成。

あら簡単♪ 花は、主婦の勘とかでかつお節を追加してましたが

今回はオリジナルにのっとりました。

バターに明太子はパスタとかでも出てくるので味の想像ができましたが、

豆腐は・・・?と。 

食べてみるとプルンプルンの豆腐の食感とゴハンの食感が合わさって凄く良い!

それに多分、豆腐抜きだと全部がパンチがあり過ぎて飽きがすぐに来てしまうのを

豆腐のマイルドな優しさが調和させてくれているようです。

簡単でありながら、よく出来たメニュー。  

時間の無い朝とか、手の込んだ事したくない夜食とか色々登場できそうですね。

オプションでイカとかアボガトとか乗せてもしっかり美味しそうです。

 



JUGEMテーマ:おうちごはん 
author:hideono, category:マンガ・アニメ・小説で登場, 09:33
comments(0), trackbacks(0), - -
深大寺 一休庵
 世田谷の端に住んでいるので実は深大寺とか調布飛行場とかは近所のつもり。

近所ゆえにか、あまり興味もなくいたのだが、

テレビ番組で触発されたらしく、突然かみさんが行きたいと騒ぎだした。

バイクで2、30分だからチョロいもんです、さらっと行ってみました。

地図で見た印象だと、あまり広くもなくこじんまりしてるのかと思いきや、

参道にはお店が多く立ち並び、観光客もそこそこ多い。 

そして、あちこちキレイな水が流れていて池がまた清らかで美しい。 

幻想世界の中に入ったようで、不思議と心地よく驚いた。 これは素敵な場所だ。

 

幻想世界なら腹は減らないだろうが、ここは現世なので腹は減る。

良さそうな茶屋と蕎麦屋が並んでおり悩むところだが、

深大寺門前の水車があるお店が気に入ったのでこちらでゴハンを。

天ざるを頂きました。 

十割、九割、八割と選べるのが面白い。 しかしせっかくなので十割を。

天ぷらは、海老、えのき、かぼちゃ、ナス、とうもろこし。

蕎麦屋で天ぷらに自信がないお店は、市販の

失敗しない天ぷら粉を使ってるところがあるが、この店はきちんと薄力粉。

食感でわかっちゃうんだよね。 サクサク食感が心地よい。

とうもろこしが甘くて旨い。

今は無き、祖師谷大蔵の天峰で食べてから大好きになったんだよなー。

ちょっと全体的に揚げすぎ感はあるけど、十分満足。

ひとまず、天ぷらは大満足。さて蕎麦はどうか。

新蕎麦らしい。 かなり細めんで色は白い。

一番粉を中心にブレンドしているのかな。歯ごたえも十分。のどごしも心地よい。 

香りも最高とは言えないが満足できる感じ。

個人的には汁がちょっと残念、出汁が弱い。 甘さと醤油感のある味は市販品ぽさがある。

もっともカツオの香りがプンプンするものが好みだからだろうか。

まぁ蕎麦自体、とても奥深く自分が物申すのも恐縮だが好みだから仕方ない。

お店の雰囲気もよかったし、スタッフの方の対応もばっちりで満足な休日でした。

バイクじゃなくて、バスで来れば酒が飲めるなぁとちょっと残念ではありましたがね。

 

観光地で、しかも一見さん狙いの参道にある店は正直、当てにしてなかったんですが、

深大寺周辺は結構レベル高そうです。 


author:hideono, category:千歳烏山・祖師谷大蔵・千歳船橋・経堂方面, 09:23
comments(0), trackbacks(0), - -