RSS | ATOM | SEARCH
黒猫夜 赤坂見附
仕事を一緒にしている方と赤坂見附で一杯
このあたりは正直あまり来た事がないので、その方にお任せした。
8時半くらいに行ったら満席。
その後時間をずらして再びトライ。
最初、このお店の話を聞いたとき、美味しいけど
美味しいの軸がずれてるという説明を。

なんのこっちゃ?

その理由はすぐに分かった。百家風鴨舌の炒めを注文。
鴨のタンなので食べるところは少ないが、その香りにびっくり。
スパイスの香りが凄いし、その香りが食欲をそそるのだ。

タンも柔らかく、骨近くの肉だから旨みがある。
一緒に炒めてあるネギもタレと相まってよい。

ここでは紹興酒と白酒が多く置いてある。
白酒は日本ではあまり飲まれてないお酒だが、
以前中国にいったお土産にもらったり、
上海に行った際にホテルで飲んだりとボクにとっては割と好きなお酒。
若干香りに癖があるのでダメな人も多いかもしれないが、
飲みなれると、その癖がたまならなくなるのだ。

当たり前だが同じ国の発想のつまみと酒なのでバッチリ合う。

その他に海鮮系でオススメのつまみを3点。
これも中華風に挙げられた蛍烏賊。 歯ごたえのギャップと香りがいい。
えびも生のものにスパイスと紹興酒などつけておいたもの。
旨みが凝縮している。
いやーなかなか良いお店でした。
たしかに一般受けはしない所かもしれませんが、
お店も繁盛していたみたいだし、スタッフもいい人。

ボクには好印象でした。 



author:hideono, category:六本木・麻布・赤坂方面, 11:23
comments(0), -, - -
Comment