RSS | ATOM | SEARCH
日光 小代 行川庵

ここ数年続いている親との温泉旅行にいってきました。

今回は川治温泉、鬼怒川温泉の先ですかね。

歳を取るともう一度、親と旅行をすると愛読書「きのう何食べた?」に 載ってましたが正しくそうですね。

いい温泉でリフレッシュできました。 次の日、鮎を食べに行こうと話てたんですが、

ホテルで食べ過ぎたので鮎という感じになりません。

 

では蕎麦でもとなり5〜6年前に連れて行ってもらった蕎麦屋に向かうことに。

ここはまず佇まいが素晴らしく、 一面蕎麦畑の真ん中にポツンと日本家屋があり、そこが蕎麦屋。

この季節は新緑がステキでお店の庭も楓が生茂り散歩するには最高の場所。

田舎を満喫したくば、このお店でしょう。 10時にチェックアウトしたので1時間ほどかけ11時に到着。

割と知れ渡ったお店なのですでに県外ナンバーの車が4〜5台止まっておりました。

横に流れる川は昨年の災害で大変だったようですが、

すでに災害の面影はなく、今は落ち着いており癒しの一つになっています。

店は11時の開店になると共にお客が増え、 ものの10分程度で満席となってしまいました。早めに来て正解ですね。

以前来た時は座敷しかなかったんですが年配客が多いのか テーブル席も出来ていました。

もちろん我々もテーブル席に。 冷たいお蕎麦を食べるにはもってこいの季節なので天ざるを注文。

庭園をぼんやり眺めているとまずは天ぷらからやってきました。

地元で取れた野菜が中心でピーマン、舞茸、サツマイモに竹輪。 

内容が非常に割り切っており身の丈しっかりしている内容です。

メインの蕎麦も海苔たっぷりでやってきました。

蕎麦はとても腰があり喉で味わうのではなく噛んで味わったほうが良さそうです。 そのまま食べても水が良いのか甘くて爽やか。 

そして香りがイイ。 地元で取れた良質の蕎麦を見事に調理しています。

汁は若干甘めで濃くもなくカツオの強さも誇張しない優しいタイプ。 この蕎麦には合っているように見えます。

蕎麦と汁の相性が良いので、薬味はワサビぐらいで十分。

多めに盛られた海苔やネギは香りが強すぎるように思えます。 天ぷらはサックリして凄く美味しい。

片栗粉も入っているのかな?? とても立派でピーマンがものすごく大きい!

そして舞茸はまさしく舞い踊るくらいに香りと旨みがギュッ!としてて非常に良かった。

そして小野家は地味に竹輪天がみんな大好きだったようでちょっと笑いましたが・・・

 

支払いのところに天かすが袋に入って 自由にお持ち帰りできるんですが、こちらも遠慮なく頂きました。

以前blogで話がでた、寿矢の「たぬき巻き」の話を母親にしたら気に入ったらしく、

夜にそれを巻物にはせず、そのままご飯の上に乗せて食べたそう。

白いご飯に細く切ったきゅうりと天かす、おかかを乗せて醤油をかけて食べるだけ。

これがバカ旨で最近の自分の朝ごはんになってます。

きゅうりの細切りは面倒なので山形の出汁を使ってますがこれもなかなか!

市販の揚げ玉ではなく、蕎麦屋の天かすを使うのがポイントね。 是非お試しを!

author:hideono, category:栃木県(宇都宮・日光・佐野・那須)方面, 10:05
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.hideono.com/trackback/1096256