RSS | ATOM | SEARCH
秋葉原 熟成肉バル 肉アバンギャルド
 約3ヶ月ほど関わっていた案件を無事終了する事ができました。

この件は綱渡り状態だったので頓挫する事もなくゴールできたのは本当にありがたい事です。

って事でチームのみんなと打ち上げに行ってきました。

今回は若い子が仕切ってくれた、お肉の店です。 しかも熟成肉。

秋葉原の電気街とは逆側のほうに降り立ち、歩いて5〜6分の渋めな路地に佇まいはありました。

メインのお肉は焼くのに30分近くかかるという事で着いて早々に注文します。

部位と熟成期間、そしてグラム数が書かれた札が並んでおり、そこから選ぶかたち。

今回は7人だったので結構食べる事が出来そうです。 リブロース、サーロイン、しんたまをまずは注文。

それに前菜盛り合わせ、チーズ盛り合わせ、生ハムとサラミ、パンと続きました。

合わせるワインはソンタナのソーヴィニオンの白。 

お肉なので赤でもよかったんですが、まずは白で攻めてみましょう。

前菜盛り合わせはキッシュやオリーブ、パティに野菜の素焼き、思ったとったよりもどーんと出てきました。 

入れる内容はどうもその日その日で違うようです。量は大人数にぴったり。 

生ハムもある程度、厚さがあり水分のあるタイプで脇役としてありがたいレベル。

チーズも味噌漬けにされていたり、自家製燻製だったりとこだわりがあります。

熟成肉だけで戦っている感じがしないところが好感をもてます。十分バルとして使えます。

でも気になるのはやぱり主役。 

キレイにスライスされ木のトレーに並びドレスアップされて出てまいりました。

まずはサーロイン。 脂が滴る丁度いい焼加減です。 

中のふんわりして、肉汁と脂が口いっぱいに広がる瞬間は

ついつい目が閉じて「うーーーん!」とうなってしまいました。

外のカリっとした香ばしい所もアクセントでいい仕事をしています。

さて、リブロースはしっとり赤味多め。 肉も程よい柔らかさがあり、さっぱり旨い。

そして、以前食べたことのあるキュルノチュエの乾燥ソーセージの香りがしました。

これが熟成期間が一番長かったようですね。

さて、しんたまと言う部位。 これは正直始めてだったんですが、

リブロースより柔らかく若々しい味わいでした。 香りもフレッシュ。

肉を食べると、テンション上がりますねー! 

この後2回ほど追加で肉を注文するほど、みんな良く食べました。

店員さんの機敏な動きもよく、ストレスなく楽しむことが出来ました。

焼く前に肉を見せてくれるパフォーマンスもワーーっってなって楽しかった!

こんなステキなお店が秋葉にあるなんて・・・秋葉も変わったんだなー。

JUGEMテーマ:最近行った美味しい店

author:hideono, category:神田・秋葉原・上野・新橋方面, 09:28
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.hideono.com/trackback/1096252