RSS | ATOM | SEARCH
神楽坂 中華そば田中屋
今年もあっと言う間に12月。

毎年の事ながら、どんどんそのスピードが上がっているようで嫌になります。

このお店も気が付いたら人気店になっていたようで、

個人的にはまるで置いてけぼりになってしまった様。

お店が出来たのは、たしか今年の6月ぐらいか。 恐る恐る初めて入ったのは8月ぐらい。

先にネットで知れべてみたら人気の長浜とんこつ系のラーメン屋が出した支店のようで、

否応なしに期待が膨らんだのを覚えている。

そして最初のインプレッションとしては・・・・

ものすごく澄んだスープと麺や具材も丁寧な作りで完成度は非常に高いが

全体的なパンチ力が弱いなぁと、まぁ言う所の優しいお味。 

ここで一度、正直この店いはもう行かなくてもいいかなとも思っていた。

そして、2回目に来た時は、こってりが選択可能になってて鳥脂(チー油)か

背油が追加できるようになっていた。

この時はチー油を選び、以前のスープより香りも良いし気持ち濃厚に、

チャーシューも最初の頃よりも歯ごたえのホロリ感が強くなったなと。

そして3度めの背油投入で自分の求める味にフィットしてから完全にハマッた。 

求めていたパンチ力が加わり、言う所の野郎が求める味になったと共に

個人的にはベストバランスな味の領域に入った。

この短期間に調整とアップデートを行ったのにはちょっとビックリ。

これで、さっぱりを好む客とこってりを求める客を確実にターゲットに出来てしまったのだ。

やはり元人気店がやるとこうも違うのかと、プライドと力を感じました。

背油のパンチと共に澄んで上品な塩スープのバランスが新しい。

そしてラーメンの麺とは思えないストレートで平打ちのうどんのようなストレート麺は

ぬるりとした食感と喉越しがまたイイ。

チャーシューは焼いておらず、ほぼ煮豚なんだが初期よりも厚みが増して食感が楽しくなった。

最近の自分のお気に入りは「ねぎそば」。

ネギは一度油であえてあり、背油のこってり感にネギのしゃっきりしたアクセントがたまらない。

また韓国風明太ごはんも美味しくて、明太ごはんにごま油が垂らしてあるだけなんだが、

これがスープと一緒にいただくとまた美味。 よく出来てる組み合わせ。

考えてもみれば、ここは神楽坂。

夜一杯やって〆のラーメンという感じなら、これくらいさっぱりなほうが、

中高年には嬉しいじゃないか。 ホントよく考えてあるもんだ。

ちなみに写真は肉そばです。 これもチャーシューぎっしりで旨い。

 

 

author:hideono, category:神楽坂・江戸川橋・飯田橋方面, 10:21
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.hideono.com/trackback/1096248