RSS | ATOM | SEARCH
静岡 炭焼きレストラン さわやか

行きは中央道から、帰りは東名御殿場からと決めていたので、

ずっと行ってみたかったここに来る事ができました。

ご当地ファミレスというやつで以前テレビで紹介されており気になって気になって♪

休日は行列覚悟なので、平日の昼早めを狙ってやってきました。

早めにも関わらず、さすがに客が結構入っていますね。 

ランチメニューは大体1000円以下からありリーズナブルなんですが、

その中でも1000円オーバー、ちょっと高め、

番組で紹介されていた「げんこつハンバーグ」行ってみましょう!

ここのハンバーグの特長はレアの状態で自分で焼加減を調整して食べていくスタイル。

北関東だとフライングガーデンとか宮崎の平家の郷が近いと思います。

その中でもここ「さわやか」は地元住人の支持率が高いようで実に楽しみ。

注文から5分程度で鉄板が運ばれてきました。 ウエイトレスが下に敷いてあるランチョンマットの

手前を持ち、油跳ねに備えろと促しますが最初なのでどうしたら良いかわかりません。

丁度、マットの半分ぐらいまで持ち上げて鉄板が置かれるのを待つようです。

置かれた鉄板に乗っているハンバーグはホントまん丸! これをウエイトレスが

大きなフォークとナイフで半分に切り、その切られた断面を鉄板に押し付け、ジューーッと

軽く焼いていき、ソースをたっぷりとかけたら、お食べ下さいというシステム。

手際良くやって頂きましたが、なかなか手間がかかっておりますね。 

当然置いておくほど焼かれていってしまいますので早々ナイフを入れていただきます。

焼かれた断面の香ばしさと生肉独特の食感が口の中で一つになり、これは新しい感覚!

その昔、品川つばめグリルの焼肉エリアで無理言って出してもらったそれに似てるけど、

こちらのほうが鉄板を使う事で肉汁が逃げてない感じがしましたね。

それでいて荒引きの肉を使っているらしく、歯ごたえ、食感をかなえ重視している気がしました。

ソースは今回、玉ねぎソースで食べましたが、こちらも予想より上品な味付けで

店名同様、さわやかに食べる事ができました。 

ステーキ宮の宮のタレほどハードで濃い感じではないです。 

この事から肉で勝負しているなぁと言う印層を持ちました。

丁度、入店するとき出てきた夫婦が「わざわざ来てよかったね」と言っていたので、

自分たちと同じ、他県ナンバーだったんでしょう。

自分たちもまったく同じで、わざわざ来てよかったと素直に思いました。

ソースはウエイトレスがかけてくれるので、そのままお願いしてしまいましたが、

今度はソースは自分のタイミングでかけて、最初は塩で試してみても良いかと思いました。

ちなみに富士鷹岡店に行ったんですが行く途中、ステーキのどんやらステーキ宮など、

あったのでかなり激戦区と言ってよさそうですね。

都心からも、そんなに離れていないのでドライブやツーリングがてら行くのも良いでしょう。

 

 

author:hideono, category:伊豆・箱根・静岡方面, 11:37
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.hideono.com/trackback/1096242