RSS | ATOM | SEARCH
京都 はつだ特選和牛弁当
初日夜は以前の出張で見つけたニューシンマチという居酒屋で満喫しました。

このお店、安いし美味しいし、店員がすごくいいんですよねー。

ほどよいタイミングでおつまみサービスしてくれたりして、本当に満足した時間を過ごす事ができました。

2日目の仕事も無難に終了し、家にお土産を買って帰るわけですが

美味しいものであふれている京都、さてどうしようか。

まず、ハモは買いたいと思ってて、家から保冷バックは持ってきたんですよね。

前の自分だったら錦市場まで行かなきゃってやってた訳ですが、

ここは慣れたもんです、駅近くのデパ地下で十分美味しそうなハモが売ってます。

伊勢丹の食料品売り場で湯引きしたハモと照り焼きをゲット。 

骨切りした生のものもありましたが帰って調理する元気はなかったのでこれで十分。

ここでは保冷材ももらえるので持ってきた保冷バックと組み合わせれば十分家までたどり着けます。

それと前々から狙っていた“はつだの特選和牛弁当”。これも伊勢丹で手に入ります。

これはもはや小野家の愛読書となりつつある

「きのうなに食べた?」にちょっとだけ登場しているアレなんですね。

売り切れてしまうこともあると書いてあったので、恐る恐るやってきたら運良く置いてました。

1720円だったかな。値段は高めですが、価値はいかに・・・・。

 

帰宅早々、ハモと一緒に食卓に並べたんですが、これはまた茶色いですねww

絵的にはちょっと寂しい感じ。 肉、キャベツ、ごはんに柴漬けといたってシンプルです。

まずフタを開けた時の感想はふんわり炭火の香り。 きちんと炭火で焼いてるって事なんでしょうか。

 さて味はというと、早々良い意味で裏切られます。非常に上品でパンチはありませんが、

口に入れたときの炭火の香りと、上質な脂、そしてうっすら甘めのタレ。

これらの要素が相まってレベルが高いなぁというのが第一印象でした。

そして、香りと味が移ったゴハンに肉とゴハンの間に敷き詰められたキャベツ、

これらを一緒に食べる事で成り立つ構成なんですねぇ。 

香りと味が移ったゴハンが旨い、これに卵黄とかちょこっと混ぜたら絶品かなぁと想像しながら完食です。

値段は高いですが、食べたほうがイイです。これはイイもの。

伊勢丹で買ってきたハモも満足できるもので、京都の味を世田谷で満喫する事ができました。
 
author:hideono, category:京都  大阪方面, 10:12
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.hideono.com/trackback/1096235