RSS | ATOM | SEARCH
城ヶ島 港屋
 毎年、かみさんからバレンタインデーと称して旅行に招待してもらってる。

実際のバレンタインデーの時は繁忙期なので大概遅れての実施。

今年は4月入ってからと、まぁゆっくりしたプランだな。ww

 

城ヶ島なんて久しぶり、バイクの大型免許を取ったばかりの時にみんなで来たっけ。

すげぇ近いイメージ通り、横浜に寄り道したとは言え難なく着いてしまった。

晴れていれば富士山でも楽しめるところだが天気は生憎の曇りのち雨。

風も若干冷たく観光日和ではないが、クルマなので問題なし。

 

今回の宿は「港屋」と言ういう所の旅館ね。よく海水浴で家族連れなんかで行くアレ。

ホテルのような快適性は無いが、目玉はマグロ料理。

 

着いて早々やる事も無いし散歩も出来ないので風呂に行ったが、

冷たい風に当たる形になりちょっと不満。 

晴れていればきっといい気分なんだろうなぁ。

風呂あがりに軽くビールを飲んだら

前日、朝まで仕事をしていたのでつい昼寝してしまい気がつくと夕飯時の6時半。

 

さぁマグロ尽くしの夕飯だ。

マグロ角煮。皮に胃袋にハツ、カマ焼きに船盛り・・・etcなんて量だw

船盛りなんて食べるの何年ぶりだろう!“小野丸”なんて旗まで立ってるし!

店員も慣れたもので、「せっかくなんでお写真でも」とシャッター押してくれた。

 

なんとも豪勢な食事だね!

船盛りにはトロ、赤味、ウニに地元で取れた味、サザエなどなど。

ウニが甘くてトロリ、濃厚で後味爽やか。旨いわぁ。

後から食べると大変だから最初にトロ食べとかないとね。

お決まりだが脂が溶け出して口いっぱいに広がるねー味が贅沢だわ。

赤身も無難な旨さ。 個人的にはやっぱりアジが好き。

これも脂が乗ってて良かった、アジ最高。

 

さてここから珍しい部位をつらつらと。

まず皮はポン酢ともみじおろしで。

コリコリした食感でさっぱりしてるけど噛んでると皮近くの脂が溶け旨みが出てくる。

酒のアテにいいね。

胃袋も食感がフニフニしているが、これは味が感じないな。

ハツはゴマ油と岩塩で頂くが、これも味を感じない。ゴマ油が強すぎるのかな。

って事で皮が一番美味しかった。

 

まぁとにかく出るわ出るわで田舎の親戚の家に遊びに来たような接待具合。

こんがりオーブンで焼かれたカマも美味しかったが大きいの2つ出てこられてもね。

店員が気を使って1つをお持ち帰り用にしてくれました。ありがたい。

当然ごはんなんて食べられずワタリガニの椀物は頂きましたが

デザートは華麗にパスしました。 とにかく豪華で旨い夕飯でした。

宿としてアメニティ部分に不安はあるものの、

なかなか予約が取れない宿の理由は分かりました。

 

さてかなり遅れてのバレンタインの後、

ホワイトデーのお返しは何にしたら良いんでしょうねぇ。

 

author:hideono, category:伊豆・箱根・静岡方面, 11:03
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.hideono.com/trackback/1096226