RSS | ATOM | SEARCH
横浜 洋食キムラ 野毛店
 今でも自分の中の横浜への思いはオシャレでスカした街。

これは子供の頃、見ていた「あぶない刑事」の絶大な影響である。

それでいながら、ドラマではちょっと寂れた場所なんかも出てきて、

それがまさにリアルだったように思える。

野毛町もそんなリアルな感じで、小奇麗な場所もありながら、

一歩路地に入ると朝からやってる飲み屋だったりソープだったり。

川沿いに2階建てで飲み屋がずらっと入っている都橋マーケットも

よくドラマに出てきて行ってみたなぁと思っていた場所だ。

 そんな都橋マーケットの近くに、

これまた古くからある洋食屋が何件か連ねて営業している。

その一軒がこの「洋食キムラ」。

昭和13年創業の老舗であり、まさに昭和レトロの洋食屋さん。

休日に訪れたが、時間をずらして行ったので余裕で席に着けた。

接客してくれたのは、おばちゃんでやり取りもどことなくアットホームだ。

 

洋食の花道であり、お店の看板メニューであるハンバーグを注文。

早々にサラダ到着。 あら、懐かしい味。

サラダ油に米酢に胡椒とシーゾナルね。昭和のフレンチドレッシングの味。

味付けバランスも嫌いじゃないけど、ちょっと塩辛いのが残念。

 

パンはバターが塗ってありトースターでチンしてから出してくれた。

ハンバーグは個性的な鉄板に

生に近い状態の卵とたっぷりのデミグラスソースと一緒に登場です。

火が入っていく卵を好きなタイミングで食べられるのは鉄板の利点を活かしてますね。

 主役のハンバーグはフワフワ。

本当にフワフワでナイフで切っている途中崩れてしまう。

これにデミグラスソースをたっぷり絡めて口に運ぶとアツアツながらも

濃厚なソースの旨みとハンバーグとのマッチングしてイイ。

ハンバーグの中の玉ねぎは非常に小さく生っぽいな。これは意図的なようだ。

アクセントとしていいし、こういうハンバーグは久しぶり。

 外がカラリとなったパンはちぎってソースに絡めて食べる。

コレに途中から卵の黄身を絡ませて食べるとさらに濃厚!

パンソースと黄身につけて食べるの永久機関誕生です!ww

 ハンバーグ自体のインパクトは薄いかもしれませんが、

このデミグラスソースは非常に濃厚で美味しかった。

 横浜=中華に飽きたら洋食を攻めるのもアリです。

author:hideono, category:横浜方面, 11:53
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.hideono.com/trackback/1096225