RSS | ATOM | SEARCH
池袋 マルハバ
 休日の昼、池袋にいた。

ヤマダ電機でガンプラでも買って作るかというイベント。

その前にアラシくんとランチでカレー部を開催。

池袋でのカレー屋件数は新宿に比べて少ないようだ。

もちろん以前行ったことのある「カレーは飲み物」も良さそうだが、

以前行ったことがあるので違う店を攻めたい。

検索して興味を持ったのがパキスタン料理の店。

それほど遠くもないし、早々決定し店に向かう。

 

そう言えば昔モンゴル料理に行った故郷もこっちのほうだったな。

・・・あれま同じビルじゃん。

しかも故郷無くなってるじゃん(涙)

なんとも怪しい佇まいで、まるで日本にいる感じがしない。

大人数のグループが1組と1人客のみのようである。

 

休日だからランチビールでもと思ったが、

宗教都合により置いてないようだ、仕方あるまい。

 

正直始めてなので、適当に写真を見て美味しそうだなと思った料理を注文。

チキンカラヒ、マトンカラヒ、チキンビリヤニにナンを注文。

 

はてカラヒ?? ビリヤニ?・・・と言った心境である。

結構な人数の客がいるので料理も待たされるかなぁと思ったら意外にも早めに到着しました。

なんだこのカラヒは・・・でかい中華なべで来たし2人分ぐらいあるじゃん。汗

それがチキンとマトンか・・・頼みすぎだなww

ビリヤニも優に2人前ぐらいある量が一皿で来やがった。

ナンが1枚が二等分になっていたのが唯一の救いか。

 

急遽、男子部がっつりランチとなった。

マトンカラヒもチキンカラヒも肉がゴロゴロ。

マトンカラヒの一口大の肉をほおばると、柔らかく程よい歯ごたえ、

マトン独特の香りとカレーの香り、

カレーのコク、そして最後にパクチーの爽やかな香りが広がる。

これがなんでパキスタン料理なのか不明だが

インドカレーと変わらないじゃないか。

チキンは骨付きだが、骨から外れやすいくらいホロホロになってる。

マトンに比べて味も軽めでマイルドだ。

しかしこちらもしっかりスパイスは効いているので安心。

 

後から調べてみたら「カラヒ」=「鍋」と言う意味らしいので、

鍋で出てくるカレーはこの呼び名なのだろう。

最後までアツアツで食べられるので、これはこれで魅了的な料理。

 

さてビリヤニだが、まずはこちらも肉がゴロっと大きいのが特徴。

そしてお米は細長い形のタイ米である。

サラサラしており、口に入れるとスパイスと味がしっかり利いていて旨い。

なんかマカオで食べたダックライスに通じるものを感じた。

炒めてから炊いたようで、しっかりお米が旨みを吸っていて旨い。

そして薄味風ではあるがスパイスも味もしっかりしており単品で食べられるが

カレーに合わせても良い相乗効果があって美味しく頂けた。

ナンは何の変哲もないが、カレーには必需品だね。

鍋にこびりついたカレーをこれで頂く感じか。

 

インドとパキスタンの料理の大きな違いはよく分からなかったが、

スパイス好きとしては十分満足のいく一食だった。

しかし男2人でこの量は凄く苦労したので、注文数には注意。

 

author:hideono, category:池袋・大塚・巣鴨方面, 18:24
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.hideono.com/trackback/1096224