RSS | ATOM | SEARCH
新大阪 ホルモン小川商店
さてさて、京都から新大阪に移動。

仕事は芦屋だったので神戸に泊まるかと迷ったが、

ここでも甲子園大会が前日に迫るというミラクルから宿が取れない!

結果として新大阪駅近くとなりました。

仕事が終わったのは22時。 バタバタしながらも予定通りである。

さて、今回の出張最後の晩飯は・・・。

ホテルから歩いて行ける西中島南方のほうへ。

 

ここは何と言うか、東京で言うところの上野あたりを

キュットコンパクトにしたような、キャバクラや立ちんぼやら、

なんとなく昭和を感じるパワフルな街のようだ。

 

大阪にいるのだから大阪っぽいものが食べたい。

って事でホルモンを食べよう!

 

街中をフラフラ歩きつつ物色し、

小さい路地に入った所にあった小川商店へ。

すでに23時を回っていたが、客はお構いなしのようで

小さい店舗ながら、かなり賑わっていた。

2人なのでカウンター席。

すかさず、ビニール袋に持ち物と上着を入れてくれた。

接客もスムーズでこ慣れている。

ハイボールと適当にお肉を・・・!?

一皿300円からメニューがあり安い。 

しかし質のほうはどうだろうか。

ハラミ、タン塩、ホルモンと。白菜キムチにセンマイ刺しだナ。

乾杯したら七輪で焼いていきましょう。

なんか、思ったよりも量も多いし質も良さそう。

ハラミなんかも分厚く出てきて、これだけで結構テンション上がります。

センマイ刺しも程よい歯ごたえ。なんか普段食べてるのより優しい歯ごたえだ。

味もなんか優しい味つけで食べやすい。

ホルモンもプルンプルンでジュワーっと出てくる旨みと言う名の脂身が甘いねぇ。

これはアタリのお店だ。

後ろを振り替えると壁には牛の絵が書いてあり部位の説明があった。

では食べたことがない部分に行ってみよう。

 

ネクタイ? なるほど首の部分か。ハツモト、心臓の近くね。

ウルテ??なんじゃこりゃ?取り合ず注文だな。

 

ネクタイは何と言うか赤身だけど、

ロースなんかよりキメが細かくレバーっぽさもある。

ハツモトもあっさりほどより噛み応え。

ウルテは何と言うか・・・歯ごたえがプラスチックみたいだったww

牛の部位によってこんなにも楽しめるんだねぇ。

当たり前なのかもしれないが、それぞれ味付けも部位により

チューンされており、その差を楽しめて色々と勉強になった。

都内では、この値段でこの品質のものは正直ありつけないな。

この点、大阪ってやっぱりうらやましい街。

帰り際、店長さんにもその事を伝えるとニコニコ喜んでくれたよ。

 

なんか地方に来て、見知らぬ店に入って話して、

こういう旅も良いもんだと思った。 出張だけど。

author:hideono, category:京都  大阪方面, 15:50
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.hideono.com/trackback/1096222