RSS | ATOM | SEARCH
京都  庶民
 さて、京都2日目。

この日は朝から土砂降りの天気。仕事も程よくこなし、

割と自分の時間をとることが出来た。

こうなると、錦市場に行かねばなるまい。

いつも行っている魚力にてハモの天ぷらを食べ、

蒲焼を宅配便で送る手配をし、

西利にて千枚漬けと筍、長いもの漬物を宅配のお願い。

これで土産の手配は終了。

錦市場あたりはアーケードがあるので雨の日に歩くには丁度良い。

海外からの観光客が珍しそうに店舗前の並んだ商品を撮っている。

確かに海外のそれとは違った面白さがあるんだろうな。

 

そのまま四条大宮まで歩いて移動し、同行人と待ち合わせ。

昨日定休日で入れなかったお店に入店だ。

 

まぁなんというか・・・一言で言えばカオスだなww

立ち飲み屋ではあるが料理が旨く、しかも安いそうな。

 

入ったのが5時ぐらいだったが、すでに満員。ギュウギュウである。

運良く出ていく客が居たのでその空きを陣取ることができた。

とにかく狭く人が多い。 斜めに立ちながら飲むなんて始めてだよ。

 

焼酎水割りで乾杯! マグロ刺しと牡蠣酢を注文。

5時だとまだ日も出ており、この時間から飲むなんて久しぶり。

しかも京都でだ。 犯罪的な優越感だが京都らしくないお店で笑える。

 

マグロ刺しは写真のように分厚く切られており満足度高し、

たしか400円くらいだろうか、

店の中で一番高い料理で500円と、とにかく安いのだ。

牡蠣酢もぷりっぷりの大きいのが4、5個入ってる。

三杯酢なのかな、この食べ方イイな。 今度家でもやってみよう。

 

店にはトビラが無いのでちょっと寒い、ここらで熱燗に切り替えます。

続いて牛筋の煮込み、煮穴子、アサリの酒蒸しね。

 

注文のポイントは飲むスペースが狭いのでちょっとづつ注文する事。

店員捕まえて皿を持ってって貰うこと。

 

牛筋も王道の赤味噌仕立て。

こってりして懐かしい味付けだ、肉もゴロゴロ入ってる。

煮穴子も甘く煮たアレ。 山椒の粉が皿の端に盛られておりありがたい。

アサリの酒蒸しも2人で丁度良い量だった。

1人3〜4杯飲んで確か3000円しなかったんじゃないだろうか。

こう言った店が近所にあると、ありがたいよねぇ。

 

ふらりと1人で入ってきた女性はマグロの中落ちで瓶ビールをやり。

熱燗とトン汁ひっかけて、さらっと帰っていきました。

飲兵衛ならではの良い店の使い方をやってるなぁーと、

かっこいいなぁーと思いました。

 

本当は話しかけて色々聞きたかったんだけど、

この店は女性に声をかけるの禁止です。

狭いスペースゆえ色々あったんでしょうねぇ。

こう言った店では酒に踊らされずスマートにかっこよく飲みたいものです。

 

author:hideono, category:京都  大阪方面, 17:18
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.hideono.com/trackback/1096221