RSS | ATOM | SEARCH
香港 鼎泰豐
マカオから香港へ戻ります。

正直、もうこの頃になるとみんな新しい味など求めてはおらず、

なじみのある味のものが食べたい!

 

到着する中港城のフェリーターミナル付近には、

台湾で足繁く通った鼎泰豐があるのだ!

丁度、お昼時に到着したのでトランクケース持ちのまま、

歩いて行ってしまいました。

 

5分かからずに到着ですよ。ショッピングビルの中にあって

この店だけ行列が出来ています。

まぁ本家台湾のお店でもすごい人なのだから当然でしょう。

 

お店の人に人数を言うと番号札をもらえるシステムも同じ。

マカオでの中国式の接客にいささか疲れていたので安心できます。

店の中もなかなか広いですが、トランクケースは

店員の心使いで預かってもらえました。

この辺も素晴らしい接客と対応です。 これで安心して注文ができますね。

基本の小龍包をはじめ、蟹にウリ。

それからトリュフねww 邪道なのは良く分かってるんですが、

不思議な旨さがあって1回頼むと癖になってしまう。

そして野菜不足からか青菜炒めも注文し、

前回の台湾旅行の時に食べ損なった俳骨も注文しました。

写真を見て気になった混ぜ麺みたいなのもついでに注文。

 

お昼ですが変わらずチンタオビール行きましょう。

 

ものの5分程度で程よくアツアツの小龍包が到着。

海外に行くと、こういった日本のような的確ですばやい対応が

本当にありがたく思えてきますね。

当然、味もピカイチですっ!

こうやって書いていると台湾旅行に行きゃ良かったじゃん!なんて

思っちゃいますが香港には、また違った良さもありますしね。

 

で肝心の味の差ですが正直、本家とも変わらない旨さだったように思えます。

あのトリュフの思わず笑っちゃう独特の旨さも健在ですし、

多分金額は香港のほうが高いようですけど・・・

 

青菜炒めは茎も柔らかくて食べやすい、まるで菜の花のような食感。

俳骨は確かに旨いけど期待してた感じとは違って非常に上品。

個人的にはガッツリと食べられるものかと思ってました。

写真を見て適当に頼んだ和え麺もいい。

なんかこれが一番日本食っぽく感じました。

 

このエリアは非常に密集しており人ごみも半端ないです。

まるで原宿とか渋谷を歩いているようでちょっと大変でした。

と言うのも調子にのってホテルまで歩こうかとやってみたところ、

見事に迷子になりまして20分で付くところ1時間かかってしまいました。

見知らぬ街で調子に乗ると痛い目に会います。

気をつけましょう汗

author:hideono, category:マカオ 香港, 11:54
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.hideono.com/trackback/1096217