RSS | ATOM | SEARCH
マカオ 馮記火鍋酒家
上海の小羊鍋で食べた火鍋はとても美味しかった。

その支店が日本にある事から逆に他店に行く機会が無かった。

じゃーせっかくだからと夜は火鍋に決定。

 

前日のお昼に食べたお店の近くにあって気になったお店に入る事にした。

カジノの近くで高い時計やら電化製品やら、煌びやかなお店の並びである。

 

このお店も同じようなシステムで1Fには多くの生簀が鎮座されており、

ここでも気に入った魚を選んで調理法を選ぶと作ってくれる。

多分注文しないで2Fの席についてもOKだと思うがノリでついつい頼んでしまった。

 

前日に食べたシャコが美味しかったので再度注文。

更にハマグリも旨そうなので、これも注文してみた。

 

普通に一品料理も充実しているようだが、決めていた火鍋を注文。

日本語が話せるという女性店員が付いてくれたが、

まぁびっくりするぐらい商売気があり気づくとどんどん書かれていってしまう。

危ない!注意しながら注文せねばっ。

白湯スープと辛めのスープを決めたらお肉に野菜など注文します。

 

このお店はショウガやニンニクをはじめ、XOジャンなど

10種類以上の薬味を用意してあり、これはなかなか楽しい。

チンタオビールを注文したら、早々スタートだ!

先ほどの女性店員は積極的にグラスに注いで足りなくなると「2本注文ね??」と

笑顔で催促してくる。 おぉ!気の弱い日本人には脅威だよww

 

さてスライスされた羊肉は小羊鍋と同じようだ。スープは予想より、

さっぱりしているので薬味の役割が重要になるな。

薬味で味が変えられるから楽しいし、想像してたものより美味しい。

野菜もたっぷり来た。

海外に来て食事をすると、まず野菜不足になりがち。

その点この鍋は多く野菜を食べられるので良さそうだ。

一緒に牛肉を頼んでみたが、これはイマイチ。

どうも片栗で和えられており旨みが表現されてないような味だ。

羊肉が美味しいのでこれだけで十分。

 

魚の肉団子も美味しかったし、昨日と同じ調理法をお願いしたシャコも十分旨い。

ハマグリは、蒸された状態でテーブルに出てきた。

そのまま食べて美味しかったのだが、どうも鍋に入れて楽しむようだ。

 

と言うわけでまぁまぁ満足。女性店員との戦いは

その後、のむ酒を紹興酒に変更する事によって終焉を迎えてた。

まぁその時も高い酒を進められるなど攻防はあったようですが・・・・

やれやれ。

author:hideono, category:マカオ 香港, 21:43
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.hideono.com/trackback/1096216