RSS | ATOM | SEARCH
マカオ 寶富伽哩面食
 

ランチに少々値が張るものを食べてしまったので、夜は安いお店に入ろう。

こんな感じで街をブラブラ。 イメージだけ言うとカジノ方面にあるお店は

やはり値段がちょっと高めなようだ。

逆に山間部のほうに歩いていくと、一般的な食堂がでてくるみたい。

Senado Squareのあたりを歩いてみると、上海やら台湾やらにあったような

見慣れた店構えが多くでてくる。

だいたい自分がお店を選ぶ権限(責任?)を押し付けられるので

なんとなくで選んでしまうのだが、適当に入ったこの店は良かった!

カレーと書かれているが、カレーアレンジの中華のようだ。

青島ビールもキチンと冷えてます。 えーと魚肉だんごのスープに

カレー風味のワンタン麺、腸を揚げたものに、揚げワンタン。

そして、香港やマカオに来たら頼むべき海老卵麺。

まずは魚肉だんごだが、これがバカかってぐらいに美味い。

日本の薩摩揚げや、つみれのような感じでなく、肉に近いのだが、

肉ほどくどくない。 あえて言えば鶏肉の肉団子に魚の旨味を足した感じ。

これは日本人すきなんじゃないかなー。

一緒に入っていた海苔がスープと一緒に食べるとまたいい風味になってる!

カレー風味の鳥ガラスープに入ったワンタンも中の海老がプリプリしてる!

細めでちょい固めの麺も食べやすい!

この店に置いてあったラー油みたいなのがすごく上手くて

多分ネギとか生姜とかニンニクとか唐辛子とか揚げて漬け込んだ感じなんだけど、

辛いし焦げた香ばしい香りもスープなんかにぴったり。

腸を揚げたもはちょっと臭みがあり、一緒についていたスイートチリだと

その臭みが増幅されてちょっとダメ。これだったらお店のラー油で食べたほうが美味しい。

海老の卵の麺は見た目のインパクトよりも上品な味付け。

桜エビに似た風味と味でした。食感や麺にまとわりついた卵とか、

割と新たな感じで面白かったな。 というかコレ日本で出したらきっと流行りそう。

接客してくれたおねえさんも笑顔を絶やさず、

海外のお店にしては居心地もよかったです。あ、注文した時、先にお金を払うシステムね。

だいたい他のお客は一人で入ってきて1〜2品頼んで、ささっと出て行っているので、

こちらで言う吉野家とかラーメン花月とか、そう行った部類なんでしょうね。

 

author:hideono, category:マカオ 香港, 19:08
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.hideono.com/trackback/1096213