RSS | ATOM | SEARCH
麻布十番 きりん屋
 麻布台で撮影立会いがあったので、

そのまま麻布十番まで歩いて、懐かしのきりん屋へ。

テイクアウト専門のカレー屋さんで、外にきりんのキャラがいるのが目印。

かみさんが始めて入った会社が麻布だったということで、

その当時よくここのカレーを食べていたそうだ。

自分が知ってから10年ちょっと経つけど、営業スタイルは一貫しており

夏になると1〜2ヶ月ほどインドへと修行へ旅立ってしまう。

この日は夕方6時ぐらい、狭い店内に入るとスパイスの香りが広がっている。

時間が時間なので売り切れているカレーもあるが、

持ち帰りで冷蔵されたひき肉と茄子のカレーとチキンドビアザを注文。

なんかアチャールおまけでくれたしww

さて、先日D吾氏から新米の玄米を頂き、早々に炊いて冷凍しておいたのがあったので

それと、付け合せにほうれん草のバターソテーを作って頂きます。

 

一口目からスパイスの香りはやはり独特。 それぞれのスパイスが花開いて

旨みの歯車と噛み合いだすのだ。

これだーこれこれ。 本当に久しぶりに食べてみたけど、この店のクォリティはやはり一流。

当時、初めて食べた時もスパイスがすごくて本格的という印象はあったが、

最近、巷では10年、20年前と違いインドカレー屋が乱立。 

もちろん十分美味しいとは思うけど、きりん屋のカレーは一言で言えば非常に丁寧で

愛情が込められている印象なのだ。

 

1人前がテイクアウトなのに1000円近くしてしまうのも食べると十分納得がいく。

正直、自分のカレーを食べる率は一般の人よりはるかに多いはずだが

食べこんだ自分でも、このカレーには魅了する何か特別なものがあると思っている。

 

久々にカレーがご馳走になった日でした。 美味しかったー!

 

 

author:hideono, category:六本木・麻布・赤坂方面, 11:20
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.hideono.com/trackback/1096207