RSS | ATOM | SEARCH
長崎土産 勇魚 鯨
 マッキー夫妻の今年の夏のバカンスは長崎。

土産買ってくるでー何がいい??という言葉に長崎ってなんだろう?と本気で考えてしまった。

よく、美味しんぼとか読むと味付けが甘いとか、角煮まんじゅうとか、ちゃんぽんとか

なんとなくピンとこない。 それでネットで調べてみると・・・・ほうほう、なるほど鯨か。

江戸時代などは、日本一の捕鯨拠点だったとの事で、

今尚摂取量は高く、専門店も多く存在してるのだとか。

彼らが旅行中は案の定、旨そうな鯨料理を食べてるところを写メで送ってきやがった。コンニャロメ!

もちろんご丁寧にお土産も買ってきてくれた訳だ。 

自分も小学校2年までは給食で鯨は食べていた。

確か大和煮みたいなやつで結構好きだった記憶がある。

それが突然出なくなる。 自分にとってはこの鯨の食文化は記憶に少ないものではあるが、

子供の頃の記憶とはバカにならない物で、少なくとも美味しい物としては覚えているようだ。

鯨ベーコンなんかは居酒屋とかで、たまに見かける度ついつい注文してしまったりする。

今回の土産はポン酢も付いた薄造り3品。ゆで鯨(すえひろ)、鯨ベーコン、鯨のさえずり。

うすーくスライスされた身は、口の中に入れるとほろリと崩れる。

やはり、ゆで鯨もベーコンも独特の臭みがある。 

これ嫌いな人もいると思うが、自分の中の遠い記憶が不思議と旨みと思ってしまう。

なによりも水の中にいる哺乳類独特の融点が低い脂の旨さ。

口の中に入れると広がるこれは、脂好きにはたまらないのではないだろうか。

この点はすっぽんなど食べた時の感想に似ているかもしれない。

ポン酢、それとワサビ醤油で頂いたが両方ともグッド! 

あえて言えば、オニオンスライスやら白髪葱、

からし醤油にすると臭みも消えて食べやすくなるかとも思った。

今の若い人が食べたら、これを旨いと思うのだろうか・・・ちょっと謎だが、個人的には旨いもの。

 

ますます規制がかかろうとしている現状だが、

何かの事故が起こって禁止になってしまった生レバーなど食文化が無くなるのは悲しい。

数少ない楽しみを減らさないでもらいたい。



author:hideono, category:お土産など頂きもの, 09:21
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。