RSS | ATOM | SEARCH
京都 新福菜館

京都へ出張の仕事となりました。

出張は久しぶり、しかも今回はもろもろ実験的な事をかねているので

時間は割りとゆとりがある、ありがたいお仕事です。

当然アポの時間よりもかなり余裕をもって到着しました。

寒い時期に京都旅行にくることがほとんどなので、こんなに熱くてジメッとしているのは久しぶり。

下手すると中学時代の修学旅行以来かもしれません。

合流までは1人で行動なので、ずっと食べたかった新福菜館に直行です。

 

駅からは歩いて5分程度。隣には、こちらも有名なラーメン屋、第一旭があります。

第一旭は朝5時から、新福菜館は7時半からと、京都は朝ラーメンが定着している地なんですかね。

さて、店はほどよく歴史を感じるような雰囲気、渋い。

 

注文は・・・・ここは小ラーメンとヤキメシの炭水化物コンビで行きましょう!

出てきたのは写真でも見たことのある、かなり黒茶色い2つの物体ww

早々にスープをズズーと。 うん、想像していた通りで醤油の味がとても濃い。

栃木県民には嬉しい感じ。そして、この醤油の香りが良い事!

自分にとってはなんとなく懐かしい感じの味。

九条葱は青い所が多いので関東の葱より香りが強いか。これもスープにあってる。

麺はちょい太のストレート。

ウエーブされた麺と違いスープの絡みが浅いから濃い目味付けでもOKなんだな。

喉越しはなんとなく冷麦っぽい。

チャーシューは薄めにスライスされており、これもスープと同じ味付けで、じわりと旨い。

テーブルには胡椒、一味、豆板醤とありましたが、個人的には一味がいいかと。

この一味も香りがいいです。

ラーメンの感想は白いご飯に合いそうだなと思いました。

 

しかし、ここはヤキメシ食らいましょう。 中身は葱、チャーシュー、卵かな。

色が濃いので内容が確認しずらいですね。

これもラーメンと同じ醤油を基本にした味付け。こげた香りが食欲をそそる感じ。

決してパラリとしてはなく、しっとりしています。

ラーメンもヤキメシも脂っぽさはないので

年配の方でも若者でも受け入れられやすいんじゃないでしょうか。

小ラーメンが550円、ヤキメシが500円。 

値段も良心的です。 


この味付けどこかで食べたことあるなーと思っていたら、うちの父がよくしていた味付けでした。

スクランブルエッグにもかなり醤油入れて作ってたからなぁw

自分にとって懐かしい味のはずだわ。

author:hideono, category:京都  大阪方面, 15:20
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。