RSS | ATOM | SEARCH
柴又 かなん亭
 東京の東の方って正直あまり行く事が無い。

柴又もそんな地だったが、ちょっと用が出来たので休日の昼にふらりと向かう。

柴又と言えば、トラさんであり、眉毛のつながったおまわりさんのマンガ。 

そして仮面ライダー響鬼のロケ地でもある。  

参道の方へ歩いていくと、こじんまりしているがお店が立ち並び、

一気に観光地って感じになってきた。

帝釈天も素晴らしく、広くて境内を吹き抜ける風が心地よい。初夏に来るには良い場所だ。

せっかく来たのだから、どこかお店に入ってみよう。

 天丼屋や蕎麦、うなぎ屋の有名店はあるが。


・・・なんか角の気になる店を発見。

呑み屋っぽい独特の雰囲気、外では串物を焼いていて、その横にはモツ煮のデカイ鍋。

500円で食べられるランチまであるのか。 よし、ここにしよう!

店内は思ったより広い、席も多いな。   

電車で来たし呑んじゃえw  生ビールにうなぎ短冊、肝焼き、モツ煮と。 

ゴクゴクと昼から飲むビールはいいね。 天気もイイし気持ちがいい。

短冊は台湾産うなぎだとか。 それでも250円は安いし満足。 

身もふんわりしてたし、炭火で炙った香りが食欲をそそる。

肝は意外とデカイね。ちょっとレア感がありしっとりしてる。

肝独特の苦味も嫌味にならない。

日本酒行きたいところだけど、昼だからビールで我慢。

モツ煮も臭みもなく、思っていた以上にマイルドでまろやかな美味しさ。

しっかり煮込まれた大根とニンジンがトロトロ、こちらも良い感じだ。 

根が生えて下手すると一日潰れてしまう、しかしまだ予定があるので〆ましょう。 

気になっていた牛スジカレーを注文。

一見、普通のカレーだが煮込まれてホロホロの牛スジが大きいの2つ入ってた。

ルー自体、ねっとりした感じで牛スジの旨みが入ってるって感じ。 

そしてなんだろう? 牛スジ煮込みの汁も一緒にいれてるのだろうか。

甘めで和の感じの味が入ってるね。


次来るときはがっつり昼間から呑む気で来たらきっと楽しいに違いあるまい。


 

author:hideono, category:神田・秋葉原・上野・新橋方面, 11:02
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。