RSS | ATOM | SEARCH
東京駅 つけめん 六厘舎

お昼時に東京駅にいたのでGさんとランチで訪れてみました。

かわらず行列が出来てますね。

11時オープンらしいですが11時半に行った時には

だいたい20分ほど並ぶかたちになりました。

大崎のほうに本店があったとき凄い行列が出来てて、そんな時に一度訪れているんですが

あの当時この店のつけ麺を食べた時のインパクトはかなりで、

魚粉が入ってたり、どろりとしたつけ汁に太い麺、パワフルだなぁと素直に驚いた。

その後、この手のつけ麺屋が横行し、いつの間にかスーパーや

コンビニでもチルドコーナーでレトルト品が売っているぐらいに。 

これが標準になったのはすごい事だ。

では本家はどんなものだろうかと確認の為にお店に。

席に着くと、ものの2〜3分で到着。昼時だけあって手際が良い。

かわらずドロリとしたスープ。すすると魚介の香りがすごい、そして濃厚なスープもなかなか。

麺はもっちりしてるが、意外と柔らかい。なんというか、弾力もパスタっぽいな。

まわりを見渡しても、この麺を汁に入れるのにみんな苦労してるw。

チャーシューはほどよく暖められており、これは旨い。味玉も良い塩梅で文句のつけようが無い。

しかし、メンマとナルトは正直無くても良いのではと思った。

魚粉は追加できるようにテーブルにおいてあるが、なんと包装されているタイプ。

バンバンかけられない様にしてるのかな?

鼻のほうが慣れてしまうので魚粉のインパクトはやはり最初だけ。追加してもさほど変わり無い。

あとは、この豚の香りと麺の小麦粉の香りが残るのみといった感想。

タイミングが悪かったのか、酢と魚粉のみしかテーブルに置いてなった。

これでは後半はちょっと辛いだけ。スープ割りは魚介の出汁に柚子の組み合わせ。

これはさっぱりとして旨い。

と変わらず素晴らしい部分も多いが、他の店もかなりレベルが上がっている事が良くわかった。

自分の中でのつけ麺一番は「つじ田」、麺だけみたら三田製麺が好みかも。

この短期間でつけ麺がどれだけ世間に浸透したのかを考える良い機会になった。

ごちそうさまでした。



PS:今家さま。 無事、出産されたとの事聞きました、おめでとうございます!!



 

 

 

author:hideono, category:ラーメン, 10:20
comments(2), trackbacks(0), - -
Comment
ほんの気持ちですが
無事届いたようでなりよりです。

そうですね。落ち着いたらぜひぜひ!
おのひでき, 2014/06/25 10:58 AM
ありがとうございます!
本日素敵なお祝いも届きました。重ねて御礼です。
(嫁は大阪なんで写真で報告しときます。)
落ち着いたらお引越し祝い兼ねて是非!
いま家(旦那), 2014/06/24 10:32 PM









Trackback
url: http://blog.hideono.com/trackback/1096188