RSS | ATOM | SEARCH
四谷 支那そば屋 こうや
 引越し、一応無事完了。前日深夜まで残業での引越しは死ぬ。

そして大きなコンペ案件3連戦。こちらも現在進行中。 

これも深夜と言うか朝方までバタバタしております。

今年はもしかしたら一年落ち着かない状態で終わるのかも・・・とちょっと悲しい

予測をしていますが、とりえあえずblogはすこしづつでも続けて行こうかと思っています。

さて、そんなコンペ案件のプレゼン後4時ぐらいですがランチですw

旨いワンタン屋が確かあったよな?と言う話になり、それなら知っていると引率いたしました。

ここはその昔、それなりの頻度でやってきました。

味はとても旨いんですが、たまに接客が雑だったり

タバコが吸えたりと個人的にマイナス点も多かったので取り上げなかったのですが

久しぶりに食べたら、やはり旨いなと。

かならず、アツアツの状態で来るので猫舌の人は注意です。

特徴的なのはギュッと結んであるかのように絞られた大きめなワンタン。

色もちょっと緑がかってて白菜にも見える。

肉餡もたっぷり入ってるから食べ応えバツグン!

スープも白濁して若干トロミがあるタイプで基本はさっぱりしているが、

一口めの印象はちょっと重めか?という感じだから面白い。どうなってるんだろう?

チャーシューもほろほろでトロケル舌触り。

上記の事は間違いなく完成度がとても高くうまい。

ただ麺に関しては、さして書くべきものでもなく黄色い細めの、ちょいちじれストレート麺。

しかもちょっとゆるい感じの。

好みによると思うがワンタン麺ではなくてワンタンの注文で良いのかもしれない。

(100円ぐらいしか違わないから悩ましいが)

ランチとして頂きましたが、後ろのテーブルでは居酒屋モードに入っているようで、

一品料理としてワンタンやらチャーシューやらをつまんでビールを飲んでました。

こういう使い方のほうが良いかもしれないな。

なんにしても満足の行くスープとワンタンでした。

気がついたらまた来てる感じの店でしょうかね。

author:hideono, category:四谷・麹町・半蔵門方面, 11:57
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。