RSS | ATOM | SEARCH
渋谷 婁熊東京
 

青山プロダクション時代の先輩と久しぶりに呑みである。

行きたいと思ってもお互いバタバタだったりするから繁忙期を抜けると声を掛け合う訳だ。

で、お店は知人から紹介してもらった「婁熊東京」。

この店長と知人はラクロスつながり言う間柄。

自分は2度目の来店になる。 

渋谷駅から恵比寿方面に結構歩くがいつも人でいっぱい。

この日も店前で電話で確認すると、ぎりぎり2席確保できたという具合だ。

店は言うところのもつ焼き屋だが、

店内はとてもシャレオツな空間なので、カップルの多いこと。 

おっさん2人にはいささか肩身が狭いが店員は暖かく迎えてくれた。

 

以前来たときはその知人も一緒だったので適当に出してもらったが、

さて今回は・・・・

カウンターの中をみるとメニューに載ってる以外にも色々ありそうだ。

ちょっと無理言って、「適当におススメ5本出して」と注文。

 

それとレバ刺しね。 うん、そうレバ刺し。 

ここのレバーは豚のレバーなので法にはひっかかりませんよ(笑)

まったく変な決り作っちゃったから、どんどん美味しいもの食べられなくなっちゃうよ。

タニシの虫で死んだ美食家路山人をごらんなさいよ、まったく。

 

で、このレバーはしっかり角が立っており色もきれいなピンク。

塩と胡麻油が最初からかかってるので、そのまま楽しめます。

とろーっと美味しいですね。 牛よりも軽い感じがまた良い。

さて、カシラ、ハツ、シレと、どれも美味しい美味しい。
串に刺さってる肉片が均一の厚さで火の入れ具合が計算しやすくなっている。
いい仕事してますね。

5本のうちの1本に野菜を入れてもらったのが写真の串。

なんだかわかりますか? 

ユリの芽なんです、ちょっとねっとりしていて、最後にピリッとくる味。

この味、気に入りました。 


で、まだ食べられるので追加で注文。

シロがね、またたまらない旨さ。 

ひと口食べると旨みたっぷりの肉汁&脂がジュワーっと溢れ出す。

味付けも醤油ベースで甘くなく、吉祥寺のいせやっぽいな。 


こめかみの赤ワインソース煮はフランスパンが添えられてます。

しっかり濃厚。飲んでいたのは焼酎でしたがマッチングOKですね。

 

と料理に大変満足がいきましたが、カウンターの椅子がちょっと堅いので

お尻が痛くなってしまいました。 この店の難点は唯一これくらいでしょうか・・・。


author:hideono, category:新宿・渋谷・原宿・恵比寿方面, 14:32
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。