RSS | ATOM | SEARCH
神楽坂 旭川ラーメン 蜂屋

急にサーバーの引越しが強制的に行われて・・・・
いろいろと設定に時間がかかってしまいました。

さて、ランチに行った、旭川ラーメンのお店です。
旭川ラーメンってなんぞや?
醤油ラーメンがベースということで魚介と豚骨・鶏ガラスープが特徴。
でも、もっと特徴的なのはスープの上のほうに脂の膜があること。
これは寒い地域なのでスープを冷めづらくさせることが目的だったらしい。
写真をみて気になったチャーシュー麺を。
上のほうにたっぷり敷き詰められたチャーシューは喜多方ラーメンを思い出させる。
その上にちょこんと、おろししょうがが乗っているのが面白い。
チャーシューは食べてみると喜多方ほど厚みはないが
同じような味付けで好感が持てる。
レンゲで確認できるが油の層がなかなか厚い。軽く混ぜてみると
醤油スープなのにトロミがある。まぜてみると乳化しているようだ。

かるく啜ってみると、アチッ。
油が思ったより熱い。 こりゃ火傷しないように気をつけないと。
焦がし醤油の香りが予想以上に強い、ほんと焦げた香り。
好きな人はこれはたまらないだろうな。
魚介の香りもしっかりしてるから日本人が思わず安心しちゃう味付け。
麺は中太ストレート。癖はないがスープにはあってると思う。
正直期待していなかったが、なかなかである。
値段が900円とちょっと高め。
また店舗が2階なのでフラッと客が入るのが難しそうだ。
他の旭川ラーメンの店舗に入ったことがない事や、
本店の味を知らないので評価しづらいが個人的にはユニークで好きなラーメンです。

author:hideono, category:神楽坂・江戸川橋・飯田橋方面, 09:24
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.hideono.com/trackback/1095962