RSS | ATOM | SEARCH
沼袋 平和苑

勝手に孤独のグルメツアー第2弾です。
今回はシーズン2に登場した沼袋の平和苑にやってきました。
東京に出てきて始めて住んだ街が西武柳沢。 
そして同じ沿線に友達が住んでいて良く遊びに来たのが沼袋でした。
今回、予約なんかもしてくれたのがその当時から付き合いのある友達。まったく長い付き合いです。
10年ぶりに降り立った町は大きくは変らずも、
よく行ったゲーセンが無くなってたりマクドナルドが撤退してたりとそれなりに変化が。
それと今工事をしているらしく、ここ辺り一体の線路は地下にもぐるそうで、
それを見越してか駅前の西友も閉店するらしいと。 また更に変化がありそうですね。
さて平和苑は駅から5〜7分程度。まわりは住宅地でまわりに店はほぼありません。
行ったのは休日だったので5時に間髪いれず入りました。 
一番乗りです。 まずはビールで乾杯!
 孤独のグルメでもあった、「わさびカルビ」そして「三角」。
あとは「丸」という筋肉質な部位に、ホルモンの「シロ」を注文。
ビールのみがら最初に出てくるたっぷりキャベツをパリパリ。
ピリ辛のゴマ味噌ダレが 空腹をちょっと満たしてくれてビールが飲み易くなります。
アツアツに熱せられた七輪とお肉が登場したので、いざ参る!
まずはわさびカルビ。 
本当に表面の色が変るぐらいでひっくり返しワサビを乗せ醤油に付けたら口の中へ。
ドラマでは「刺身のよう」と表現してましたが、肉独特の香りがワサビで消されているのか、
ある意味本当にお刺身な感じがします。
そして脂の甘さとワサビの甘さが相まって想像以上に甘さに輪かかかり、口の中でトロける旨さ。これは一番最初に食べたほうが良いですね。 続いて三角、これもカルビの一種。 
先ほどのカルビに比べると霜降り感が均一でないようですが味はどうだろうか。
こちらもさっと表面を焼くだけ、塩味がついているのでレモンを絞っていただきます。
ワサビが乗ってないので肉独特の香りが楽しめ、食感もさっきのカルビよりワイルド。
しかし、この店の品と比べてのワイルドなので他店に比べたら上品そのもの。 
あとからワサビを乗せて食べましたがこの食べ方もイケました!
続いて丸ですが、これはしっかり焼き。 
レモンを絞っていただきましたが歯ごたえ十分で 噛むほどにあふれ出る旨み、肉厚なので噛む幸せを味わえる。
これ、個人的に一番好きかも。 ここで始めてタレ味登場。 
ドラマの通り、チビチビ乗せず全部ザーーと皿ごと乗せて蒸し焼きに。 当然、七輪の煙がすごい事に。 
しかし確かにこの焼き方は良いらしく、肉の端はカリッ焼け、 中はふんわりで、
味付けがこちらも上品。ニンニクに頼るのではなくフルーツをうまく使っているようですね。
韓国で食べた焼肉を思わず思い出しました。
タレものはサンチュに白菜キムチを併せて巻いて食べると旨さ倍って感じでしょうか。
さて〆ましょう。 こちらもドラマのセオリー通りに卵かけご飯。 
そして追加カルビ行っちゃいましょう!皿ごとドバーっと網に移動し蒸し焼きに。
ご飯に卵を乗せて、一緒についてくる塩納豆をパラパラ。 程よくかき混ぜていただきます!
誰もが知っている旨い卵かけご飯に時々アクセントで出てくる塩納豆が旨みに深みを出し、
網で焼かれたカルビを乗せて食べることでさらに旨みの相乗効果!
デフォのTKGの旨さ→塩納豆の日本人でよかったなという旨み→墨でいぶされてふっくらこってりカルビ。
このローテーション、 この〆は最強!
あまり焼肉でごはんを注文しない自分ですが、ここは絶対に頼んでお肉と一緒に食べて欲しい。
さて、気になるお値段ですが、 40代のおっさん2人で、
わさびカルビ・三角・丸・シロ・サンチュ・白菜キムチ・←これ全部一人前。
ご飯と卵×2、ビール×2、レモンサワー×4って感じで一万円以内でした。
若ければあの2〜3皿ってところなんでしょうけどね・思っていた以上に良いパフォーマンスです。 
ついでに、かわいい女性店員がキビキビと対応してて文句のつけようがありません。
ドラマで出てたお父さんは今回キッチンに居て見れませんでしたが大満足ディナーでした。
実に良いお店だと思います。


author:hideono, category:荻窪・高円寺・吉祥寺・中野方面, 11:47
comments(0), trackbacks(0), - -
新中野 やるき
 カレー部の活動である。

と言ってもどちらかと言うと気の合うガンダム仲間と呑みである。

みんなご近所なので、普段は世田谷から出ないのですが

どうしても気になるお店があったので、みんなでわざわざ新中野に参上です。

 

このお店はスパイス居酒屋。 

店員さんはインド人、もともとやるき茶屋で勤めていて独立されたみたい(だから店名もやるき)

とにかく、料理がなんでもかんでもスパイスが効いたカレー味とのこと。

店は1階と2階があって2階は禁煙席らしい。 タバコを吸わない人には良いですね。

とりあえず王道である煮込み、砂肝、タンドリーチキン、ポテトサラダ、ぱりぱりキャベツを注文。

みんなはシンハービール、自分はいきなりホッピーセット頂きますよ。

予想通り、あっという間に出てきました煮込みとぱりぱりキャベツ。

ぱりぱりキャベツには緩めのキーマカレーが付いていて、それにキャベツを付けて食べる。

そこまで辛くないから普通の人にも安心。

このお店はお通しが出ないので、こう言った料理が代わりになる。

煮込みは見た目、普通なんだけど味はスープカレーと言ったところ。

非常にクリアなスープで煮込んでおり、大根、ニンジン、こんにゃくがカレー味にすごく合う。

予想したよりも上品な味付けだ。 モツの鮮度もかなり良さそうでスパイス聞かせなくても十分イケそう。

タンドリーチキンが串に刺さって、その間にネギがいるから言う所のネギ間だなww

肉もプリプリで柔らかくてネギもカレーが染みこんでいて旨し!

砂肝は丁寧に包丁入れされて歯ごたえがいいし、

こちらはネギ間と違い直接スパイスをふりかけられているからパンチ力が違う。

両方とも大振りなので、3人で2本づつシェアする形で十分満足。

 

続きましてマサラパパドにパクチー卵焼き。 そして主役の特大マトンカルビステーキ♪

マサラパパドも卵焼きもパクチーたっぷり! シャキシャキっとして旨い。

そしてマトンカルビステーキは骨付きで厚みも結構ある!アサミとナイフが添えられており、

うまく切り分けいただきます。

マトン特有の臭みもスパイスのおかげで全然感じないし、歯ごたえもイイね。

やっぱりコレにあわせるのはウコン茶ハイだね! コレで次の日も安心です。

 

3人でかなりの量食べて飲んでしたけど1人3000円ぐらいで済んじゃいました。

素晴らしいコスパ。そして満足度も非常に高く、場所が新中野なのが悔やまれる。

しかし、このお店はわざわざ来る甲斐ありましたよ。

author:hideono, category:荻窪・高円寺・吉祥寺・中野方面, 16:48
comments(0), trackbacks(0), - -
西荻窪 ビストロ プティ
自分が社会人になった頃から仲良くさせてもらってるA氏が元気がなさそう。

もろもろと気がめいることがあるそうだ、主に仕事ではなくプライベートだそうだけど。

そんな彼を元気付ける為に美味しいものでもと、Kさんが音頭を取ってくれ、おじさん3人が

西荻窪のオシャレな旨い店に行きましたw。 ビストロ プティ、フレンチですね。

雰囲気は若干カジュアルでバルっぽい感じですが、接客も丁寧で好感が持てます。

さて、K氏が3人のおっさんで来た理由は

1皿の量が結構多く3人でシェアして丁度良いくらいとの事。

この日は前菜の盛り合わせ(2人前)、農園野菜の展覧会(野菜盛り合わせ)、

マリニエール(アクアパッツァみたいな)、

フィレ肉とフォアグラのロッシーニ風(まぁステーキですか)と言うチョイス。 


まず前菜もとても2人前とは思えないような量と種類、

鴨ロース、サツマイモのポタージュ、有機野菜のテリーヌ、自家製ソーセージ、

スモークサーモンのアンチョビソースなどなど。 

これは楽しいし、女子向けって感じがするw もちろんおじさんも楽しめました。 

農園野菜の展覧会も根菜やトマトなど、味噌とチーズのソースを中心に頂く。

 個人的には、ごぼうとセロリが良かった。 両方とも香りが強い野菜だが、

この味噌とチーズのソースが中和させてくれ、旨みを引き出しているね。

マリニエールで使われているムール貝はモンサンミッシェル産とのこと。

小ぶりだが旨みがぎゅっと濃縮されており肝臓に優しそう。w 

赤ワインであわせましたがそれでも十分旨かったです。

フィレ肉とフォアグラのロッシーニ風は王道って感じ、ちょっと甘めなバルサミコソースに

フォアグラのこってり感と、下にひいてあるマッシュポテト、

レアに焼かれたお肉の組み合わせは誰が食べても納得の旨さ!

200gとありましたが十分満足した量でした。


この日は2本、赤ワインを開けたのですが、1本目に頼んだ

エルヴェ・スオーアルデッシュ ラ・スーテロンヌ。これが華やかで、軽やかで。

それでいて食事の邪魔をしない味わいでかなり気に入りました。

ワインもいくつか勧めていただけるので、

わからなかったら大手を振ってスタッフに聞いてみましょう。

きっといいワインにめぐり会える近道です。

そしてA氏も元気になったようです。 まぁ人生だから色々あるものねW


author:hideono, category:荻窪・高円寺・吉祥寺・中野方面, 11:46
comments(0), trackbacks(0), - -
荻窪 しんぽ
 はい!またまた繁忙期突入してました!汗

今回のは酷かった。まったく良い事なし!しかもまだ抜けてません。ww

さて1月の頭にA氏にお誘い頂き荻窪会の新年会に参加。

荻窪とはほとんど縁はありませんが、

この近辺には良い飲み屋が多くあるのでホイホイついてきました。

行ったお店は魚と野菜が旨い店「しんぽ」、かなり有名みたいですね。

通された席はまるで山小屋の屋根裏って感じw この雰囲気好きです。

今回初めてお会いした荻窪在住の漫画家T嬢は良く来るようで

彼女オススメのメニューが「ぬた」。まずはこれを注文。

しかし、まぁなんて渋い選択なんでしょう! 

その他、生牡蠣、竹の子、穴子の白焼きと渋めメニューをチョイス。

寒い日だったので焼酎のお湯割りで乾杯!

さて、その最初に頼んだぬたなのですが、

クリーミーで程よいコクと酸味にびっくりっ!

なんだろう、ねっとり旨いというか奥深い旨みというか、

自分が知ってる取り置きされ冷蔵庫で冷やされて、

やたらすっぱくて変に味噌臭い子供が絶対に嫌いなアレではまったく別物。

こんなに美味しいぬたを食べたのは初めて。まったく人生損してましたよ。

どんな料理も最初口にしたものがまずいと、

ずっと美味しくないと思って食べないからね。

本当に世の中の料理する人に言いたいのは、まずいの出しちゃダメ。

その人の人生左右する事なんだから。

大体この手のメニューが美味しいお店は他のメニューも旨いに決まってる。

生牡蠣は間違いないし、竹の子も柔らかい。

鰹節でさえ他の店とは一味違う感じ。穴子の焼き加減も絶妙。

イイ感じに旨みが凝縮されて本来なら冷でキュッとやりたい所。

後半に頼んだカニクリームコロッケもまたビックリするぐらい

カニ身が入っててふんわり美味しい!   

これはイイ店だ。近かったら通うわな。

また集まる機会があったら是非声をかけて頂きたい。

始めて会ったお2人とも話がとても面白く

アニメ話でひと盛り上がりしましたわ。

実に良い新年会でした。


 

author:hideono, category:荻窪・高円寺・吉祥寺・中野方面, 15:36
comments(0), trackbacks(0), - -