RSS | ATOM | SEARCH
徳島 お取り寄せ鱧鍋
この時期の花火大会は夏を満喫できていい。

昨年同様、マッキー夫妻が二子玉の花火大会いに招待してくれた。

前方のほうに陣取られた場所で、イスに腰掛けてテーブルで

冷えたスパークリングワインを楽しみながら

夜空を彩る花火をなんの邪魔なしに見る事ができるわけだ。

なんとも素敵で贅沢なイベント。

今年はさらに、マッキーの新居におよばれして一泊もてなして頂いた。

まず、家に着いたら取り寄せして頂いていた 岩牡蠣をポン酢とレモンで出してくれた。

もっとも作業が大変でハンマーでまわりを砕き、

ナイフで貝柱を切断して手でこじ開ける。

貝はゴツゴツしており、軍手をしての作業で大変そうだったが

そのおかげでミルキーで濃厚、肉厚な牡蠣の身を堪能する事ができた。

鴨ロースや鯛のこぶ締めなど珍味もありがたい。 日本酒が進んでしまう。 

ローストビーフは本わさびを その場で掏り下ろして食べるという本格派。

おろし金もこだわりの一品を買ったとの事で、

引っ越しってやはり楽しいよね、と思った次第だ。

そして奥さんお手製の冬瓜の煮付けも ジワーと出汁が染みており美味いのなんの。

人のうちの味付けは気になるもんです。

さて、メインディッシュは徳島から取り寄せた鱧鍋だ。

鱧を関東で食べるのはなかなか難しい。 自分も関東者だから、正直目安がわからない。

煮立った出汁には鱧のアラが入っており、

骨切りされた 鱧をここでしゃぶしゃぶして、

よく見た事のある美しい形になったらお好みの味付けで頂く。

そして実感したのは身に吸った出汁の美味さが ないと力の半分も出てないと言う事。

この組み合わせは絶対なのだ。 

本来はこれに梅肉や酢みそを 付けて頂くわけなんだろうが

十分、そのままで旨味がわかる味であった。

やはり鱧を味わうには西の人間がいる事が絶対条件のようだ。

さて、取り寄せたセットには卵も入っており、 どう食べるかよく分からなかったが、

出汁の旨味たっぷりの 雑炊に入れて頂こうと言う事になったのだが、これがバカウマッ!

しっかり出汁を吸った新潟のコシヒカリ(奥さんの実家のほうの米です) にハモの出汁に卵。 

軽く嫌みのないのに濃厚な旨味たっぷり。

しかも卵、特有のねっとりした旨味が加わり最強の雑炊になっていた!

こんなにもてなしてもらって本当に申し訳ない。

丁度、自分の夏期休暇初日となり幸先よく始まる形になった。

マッキー、アコさんありがとうございました。


author:hideono, category:お宅にお邪魔しました。, 07:46
comments(0), trackbacks(0), - -
花畑牧場の生キャラメル
最近よく叩かれている「田中義剛」の牧場の。
叩かれるのは目立ってる訳だから悪いことではないよね。
さて、なかなか買うことが難しいと言われている花畑牧場の生キャラメル。
ほぼ恒例になっている家呑みでマッキー夫婦が持ってきてくれた。

世間で大ヒットとなっているキャラメルを頂けるとは
マッキー夫婦さまさまだ。
しかし、よく色んなものを探してくるな(笑)

今回のものはネットでの注文をしたらしく
2時間ごとにチャンスがあるので、そのタイミングを狙うとよいとのアドバイスだ。
さて肝心のお味ですが。
すーっとトロける口どけが凄い。なんて表現がいいんだろう、
和三盆とかの口どけに似てるんじゃないかな。

生キャラメルってみんなこんな感じなんだろうか?
初めてだから、この辺は比較ができるものがない。
そしてミルクのまったりした香りが広がる感じ。
なんとなく牧場に行ったときに食べるソフトクリームに存在が似てる気がする。
甘さも抑えてあるのでボクでも十分楽しむ事ができた。

よく知らないので作り方をネットで調べてみたら、簡単にいうと
牛乳、砂糖(はちみつ)、バター、生クリームを煮詰めたものなんだ。
いやー無知とは怖いものだ。
これ普通に手作りで作ったらとんでもない手間だものね。
セット価格でしか値段みてないけど、やはり高い。
しかしこの手間を考えると納得です。 
ちなみに、この花畑牧場の見本となった生キャラメルを作った牧場があるそうだが、
そちらはこれ以上に値段が高いらしい。


author:hideono, category:お宅にお邪魔しました。, 00:37
comments(0), -, - -
タラバカニの内子
この味も初めて味わった。
おなかの部分に「ふんどし」と呼ばれる半円状の蓋を持って
その蓋の中に入っている未成熟な卵を内子という。
つまり卵巣。

だいたい、内子と言えば酒の肴に最高のものと言われているが、

さて、

見た目は本当に真っ黒なスライムみたいな感じ。
しかし、箸でとってみると、
それが奇麗な非常に濃い紫色だと言う事に気がつく。

味わってみて、そのねっとりした舌触り感の中に
旨味が口いっぱいに広がるのだ。

これは凄い!

広がるこの美味しさは、
魚介系特有の旨味が濃縮されたような感じ。
そして最後にカニらしい香りが上ってくる。
ねっとり具合はなんとも「からすみ」にも近い感じ。

酒の肴にも最高だが、
一緒にお邪魔した仲間がこれを白米で食べていた。
白米の上に乗せた、その内子がどんどん熱で溶けて、
ご飯が紫色になっていく。

これは、実に旨そうだった。 


author:hideono, category:お宅にお邪魔しました。, 08:33
comments(0), -, - -
鹿肉の炭火焼
またまた元上司宅へ及ばれしてしまいました。
毎度、美味しそうなものを用意して頂きまして(笑)

そこでのメインディッシュは鹿肉。

実は今まで鹿肉は食べた事がなかった。
食べる理由がなかったし、スーパーで簡単に
手に入るものではなかったので。

事前に聞いた話だと、肉々しい味なんですと。
まぁワイルドな味と言う事なんでしょうね。

その固まりは非常に赤黒く、
見た目はクジラの肉よりちょっと赤いくらい。
サシはほとんど入っていない感じだ。

これを七輪に入れた炭火でじっくり炙って行く。
味はシンプルにまずは塩だけで。

ふーむ、思ったよりも柔らかくて、
牛肉のフィレの所に凄く似てる。

それでいて、血の臭いが強いようだ。
でもマトンなどに比べると臭みはほとんどなく、
ボク個人は非常にタンパクな味で好きな味だ。

よくステーキ屋に行くとレモンバターと醤油で
食べたりするが、それをみんなでトライ。

そしたら食が進む進む! 
これは豪快にかぶりつくのがイイ!

この鹿肉というジャンルは気に入りました。
帰って来て楽天で調べてみたら、出品されているので、
買ってみようと思う。

美味しかったー、ごちそうさまでした。




author:hideono, category:お宅にお邪魔しました。, 12:00
comments(0), -, - -
白子のフライはどうか?
またまた上司のお宅へお邪魔してしまいました。
前回、オススメだった白子のフライを食べ損なってしまったので。

自宅でも白子はよく食べる。
魚屋で「生でも全然美味しいよ!」と言われて
1度生で味わってみたが、
若干、火を入れたほうが生よりも味が深くなって良い気がした。
それ以来、軽く湯引きしてポン酢で食べる。
もしくは天ぷらだ。
ただ、この天ぷらが難しくて水分との戦いについついなってしまう。

そんな中、フライとはどうなのか?

半信半疑で口の中に入れてみたのだが、
フライのサクサク感、中がとろーり半生と言う完璧な
仕上がりもありビックリするくらい好評価だった。
ケチャップで食べる事を勧められたが、そのままでも美味しい。
フライだから天ぷらのような失敗も少ないし、
白子のまったり具合がフライの衣によって引き立っているようだ。

口の中全体がま〜ったり。
これに合わせるお酒であれば、絶対に辛口!

これは早速、自宅メニューに追加決定。

author:hideono, category:お宅にお邪魔しました。, 15:23
comments(0), trackbacks(0), - -
牡蠣キムチ
会社の上司宅へおよばれしました。
ボクが美味しいもの好きと言うことで色々と
手間暇かけて用意してくれていた。(あざーっす)

その中でも、以前話を聞いていて、是非食べてみたかったものが
生牡蠣とキムチ、アミを一緒に混ぜ2日置いたもの。
これも用意してくれてました。
生牡蠣ってまんま食べても美味しいけど、さてこれは・・・

牡蠣の上にキムチを乗っけて一緒に口の中へ。
生牡蠣の旨味がキムチに出て、しかもキムチの味も丸くなってる!
さらにアミの出汁、松の実やニラも入っていいアクセントに。

そのままでもきっと美味しい、いい牡蠣でプリップリでした〜。
想像だと、こってりした感じかと思ったんですが非常にさっぱり。 

生牡蠣をレモンと塩で食べるのもいいけど、
一手間かける事でもっと違った次元の食べ物になると
分かりました。
ごちそうさまでした〜


author:hideono, category:お宅にお邪魔しました。, 14:00
comments(0), trackbacks(0), - -