RSS | ATOM | SEARCH
長崎土産 勇魚 鯨
 マッキー夫妻の今年の夏のバカンスは長崎。

土産買ってくるでー何がいい??という言葉に長崎ってなんだろう?と本気で考えてしまった。

よく、美味しんぼとか読むと味付けが甘いとか、角煮まんじゅうとか、ちゃんぽんとか

なんとなくピンとこない。 それでネットで調べてみると・・・・ほうほう、なるほど鯨か。

江戸時代などは、日本一の捕鯨拠点だったとの事で、

今尚摂取量は高く、専門店も多く存在してるのだとか。

彼らが旅行中は案の定、旨そうな鯨料理を食べてるところを写メで送ってきやがった。コンニャロメ!

もちろんご丁寧にお土産も買ってきてくれた訳だ。 

自分も小学校2年までは給食で鯨は食べていた。

確か大和煮みたいなやつで結構好きだった記憶がある。

それが突然出なくなる。 自分にとってはこの鯨の食文化は記憶に少ないものではあるが、

子供の頃の記憶とはバカにならない物で、少なくとも美味しい物としては覚えているようだ。

鯨ベーコンなんかは居酒屋とかで、たまに見かける度ついつい注文してしまったりする。

今回の土産はポン酢も付いた薄造り3品。ゆで鯨(すえひろ)、鯨ベーコン、鯨のさえずり。

うすーくスライスされた身は、口の中に入れるとほろリと崩れる。

やはり、ゆで鯨もベーコンも独特の臭みがある。 

これ嫌いな人もいると思うが、自分の中の遠い記憶が不思議と旨みと思ってしまう。

なによりも水の中にいる哺乳類独特の融点が低い脂の旨さ。

口の中に入れると広がるこれは、脂好きにはたまらないのではないだろうか。

この点はすっぽんなど食べた時の感想に似ているかもしれない。

ポン酢、それとワサビ醤油で頂いたが両方ともグッド! 

あえて言えば、オニオンスライスやら白髪葱、

からし醤油にすると臭みも消えて食べやすくなるかとも思った。

今の若い人が食べたら、これを旨いと思うのだろうか・・・ちょっと謎だが、個人的には旨いもの。

 

ますます規制がかかろうとしている現状だが、

何かの事故が起こって禁止になってしまった生レバーなど食文化が無くなるのは悲しい。

数少ない楽しみを減らさないでもらいたい。



author:hideono, category:お土産など頂きもの, 09:21
comments(0), trackbacks(0), - -
奥多摩土産のわさびで海鮮丼
さて、奥多摩駅でわさびが売っていたので購入しておいた。

まぁ300円ぐらいの安いやつだけど

都内で買ったら900円ぐらいするんじゃないかな。

普段はチューブを使ってるので、こういった事は贅沢になる。

今、深夜にやっている「孤独のグルメシーズン3」で

伊豆出張の回でわさび丼と言うのが紹介されていた。

ごはんにおかか、これに摩り下ろしたさわびに醤油だけで食べるのだが、

これが旨そうだったので朝食に早々試してみた。

鼻にツーーンと抜ける刺激と辛味、

おかかに醤油にごはんは間違いない組み合わせ。

あっと言う間に頂いてしまいました。シンプルが一番旨い!

 

と言いたいところなんですが、それだけじゃやっぱり寂しい。

ねぎとろ、秋刀魚、鯛の切り身を乗っけて、海鮮丼としてランチに頂きました。

具材全部、脂がしっかりのっており、

わさびと一緒に食べるだけで、さらに魚の旨みを引き出してくれる思いですね。

以前、マッキー宅でご馳走を振舞ってもらったときに、

コップの中に水を入れてその中に入れておくと割りと長持ちすると

教えてもらったので実践しています。

こまめに水は替えたほうがいいんでしたっけかね。

大丈夫そうですね。

 

 

author:hideono, category:お土産など頂きもの, 13:34
comments(0), trackbacks(0), - -
礼文堂 宝うに缶詰 キタムラサキウニ
 怒涛の撮影立会いを先週行ってきました。 

本来3日に撮るところ2日で撮る。

朝も8時から夜12時までという修行のような日々。

非常にストレスの貯まる環境だったこともあり、心身ともにダメージ大!

こんな時は散財的に買うか食べるかになる分けです。

買うと言っても夜中の12時近く。コンビニ程度しか開いてませんわな(笑)

そこで以前、Nさんから薦められ購入しておいたウニ缶をね、

パカッとやりましたよ。1缶2500円ぐらいのやつ。

高いのなんのって、ここまで高いと逆によく分からなくなりますね。

高い缶によくある紙で包まれておりました。 この紙なんなんでしょうね?

一口目の感想は、当たり前だがまさにウニ。

形は崩れてしまっており、

仕方がないのですが変な臭みもなく、ちょっとびっくり。

よく瓶詰めされて甘く味付けされたアレでもない。

まぁウニが食べたくなっても、すぐにスーパーで手に入る世の中なので

正直出番は少ないかもしれませんが、日本酒でチビチビやると

なかなかオツなもんだと思いました。 

ただ、このままで一缶食べるには飽きてしまうので工夫は必要かもしれませんね。

 

パルミジャーノとマヨネーズと、この缶ウニを混ぜて

バケットを薄く切ったのに塗り、

軽くトーストして食べてみたんですが、これは美味でした。

奥深いまったりした旨みが引き出せたようです。


author:hideono, category:お土産など頂きもの, 09:19
comments(0), trackbacks(0), - -
田園調布 中勢以 牛肉のリエット
 OSHIYA verdeで今家さんとご一緒した時にステキなプレゼントを頂きました。

牛肉のリエット。 リエット??

見た目、パティなんですが作り方が違うようです。 正直この単語は初めてでした。

この中勢以も知らなかったので教えて頂いたのですが、

精肉店とレストランが対になっているようで、まずは精肉店で肉を選び、

そして料理法を選ぶと言う具合のようです。

非常に興味がありますね。

今家だんなさんお話だと、師弟関係がしっかりしてるお店との事。

なんか想像できるところがありますね(笑) 

TOSHIYAでも味見させて頂いたんですが、非常にライトな口当たりで、

牛肉なのに豚肉なんじゃ・・・?と思わせるほど臭みがない。

その時は、お店で合わせられそうな物がなかったので、そのまま頂きました。

日を改めて、家で楽しんだ時はプレーンクラッカーに乗せて。

この脂をどう楽しむかと言う事だと思うので、

冷蔵庫から出して常温に戻したほうが良いですね。

とても優しい風味を感じ、舌触り、食感、香りと順に新しい発見があるように感じられます。

お店のWEBでは「ごはんに乗せて、醤油をたらしても」との事だったので今度試して見ましょう。

つい先日、Dancyuでも肉の焼き方について特集が組まれており、

肉を主題に追求すればするほど、深みにはまりそうな内容だったので、

さらっと読むに留まりましたが、肉にポイントを置いて、

活動してもちょっと面白いかもと思うきっかけになりました。


今家さま、いつもステキなものをありがとうございます♪



author:hideono, category:お土産など頂きもの, 10:15
comments(0), trackbacks(0), - -
伊達の牛タン
最近カミさんも出張がかさんでおり、静岡、仙台と

週1ペースで行ったりしてる。

静岡に行った時には黒はんぺんと日本酒を、

仙台にいったら笹かまに牛タンと家に居ながら

各地の土産ものを楽しんでいるこの頃。

各地支店があるので地元の声も反映されて高い精度で

旨いものにありつけるのもありがたい。

そんな声を聞いて買って来てくれたのが伊達の牛タン。

調べてみるとかなり有名なので間違いないんだろうな。

その厚切りなやつをせっかくだからと思い、

庭の片隅で眠っていた七輪に火を入れ、炭火でやってみた。

以前はバーベキュー用のを使っていたが、七輪に変えたところ、

中の空気の流れがよく出来ているようで以前より楽に火が付くのが助かる。

解凍した牛タンを大胆に乗せる。

肉汁が炭火に当たって煙がモワッと立ち上がるのが醍醐味だよね。

これでいぶされた香りが良いアクセントになるんだよね。

ちょっとハジがカリッとする位まで焼いたら完成。


歯ごたえと噛んだ時の肉厚ゆえにあふれる肉汁がたまりません。

ほどよい塩加減でお手軽に旨いです!

フライパンでも試してみましたが、やはり炭火が一番ですね。

ちなみに他にも牛タンライスバーガーと牛タンドックというものも

買ってきてもらいました。両方とも共通して言えることは

噛み切りづらい(笑)駅のホームで買ったと言っていたので、

列車の中で食べるんでしょうけど、

そうなるとちょっと大変かもしれないですね。



author:hideono, category:お土産など頂きもの, 13:34
comments(0), trackbacks(0), - -
湯布院 無量塔 粒マスタード

それ週末一気に年末モードに突入。

本当に1年早いものです。さて年末につきものなのがお歳暮。

頭を悩ませる行事の一つですが、

義妹夫婦はきっともっと頭を悩ませてるでしょう。

なんせメシにうるさい義兄のボクあてのお歳暮を

送らなきゃいけないんですからね(笑) 

それでも毎回旨そうな品を探して送ってくれてます。ありがたや。

さて今回は無量塔のマスタードセットを頂きました。

無量等といえばハイソなお宿で湯布院に

行った事がある人なら誰でも知ってるんじゃないでしょうか。

もちろん、そんなところに泊まった事はないですが、この粒マスタードは

WEBでも話題になっていたのでよく知っています。

実をつぶしてないので食感を風味が市販のものよりもハッキリしてる感じ。

そして納豆のようなねっとりな粘度感があるので初めてみるとびっくりしますね。

早速味見してみると脇役というより、

そのものがソースとして主役でやっていけるくらい完成度が高くてびっくり。

ソーセージにでも付けようかと考えていたんですが、

クラッカーに塗るだけで十分ツマミとして美味しく頂く事ができました。

ノーマルと柚子胡椒にバジル風味と食事に合わせて楽しめます。

丁度いま里芋の煮っ転がしを作ったので柚子胡椒を試してみようか。

うーん、満足な逸品ありがとうございました。


author:hideono, category:お土産など頂きもの, 17:50
comments(3), trackbacks(0), - -
富山 きじはたと鯛の昆布締め
木、金、土とかみさんが富山に出張に行ってきた。仕事は大変だったそうだが、

その分、旨いものにありつけたみたい。 日本海で取れる魚は旨そうだ。

冬だったら間違いなくブリだろうが、今の時期だとなんだろう?

さて、旨そうな土産をいろいろと買ってきてもらった。

この、昆布締め、初めて食べたのは何年か前に家でやった新年会に

マッキーが持参してくれたのがはじめて。

その時は白エビと牛だったか。なんとも豪勢な食べ物だと思った。

そして今回買ってきてもらったのが「きじはたと鯛」。

きじはたもあまり食べる機会のない魚。 

地元でもなかなか食べられない高級魚らしい。 

感想としては食感がなんとも独特のコリコリ感があり、噛むほどに、

昆布の美味しさがしっかり移った身からあふれ出す旨みを楽しめる。

鯛と比較しても、きじはたのほうが旨みが強いのか、ついつい先に食べてしまう感じ。

色もきれいなピンク色で絵的にも美しいですね。

 

これ以外にもノドクロをゲットしており、塩焼きにしたノドクロの身はふんわり柔らか。

そして偶然にもあった卵もねっとりと濃厚で日本酒に合わせるには最高であった。

でも味が濃厚すぎるのか、少量で十分満足してしまった。

まぁ、あまったら煮物にしたら良い出汁がでると言っていたので試してみよう。


author:hideono, category:お土産など頂きもの, 15:01
comments(0), trackbacks(0), - -
牛串 炭火焼
先週、先々週ととある仕事でずっと撮影でした。
残念ながら時間も押してしまい日曜も撮影となかなかハードワーク。
しかし、この仕事のいい所は食べ物絡み。
仕事で使った食材は捨てるのはもったいないと言う事で
お持ち帰りが可能な物も多くある。
その中で仙台牛のサーロインが余ったのでありがたく頂いて帰った。

ものすごいサシの入った肉はA5ランク、
心境としてはウッハッハーである。 
せっかくなので庭で炭をおこし、
食べやすい大きさに切って串にさして焼いてみた。
塩は軽く藻塩を振りかけて・・・
脂がすごいから火があがるあがるっ!
表面がカリッとするぐらいまで焼けたらOK
まずはそのまま一口。脂が口一杯に広がるのと焼けた赤身の部分も
口の中でとろける。カリッ、トローリ。
脂がなんと言うか乳性品のような感じで甘い香りと
こってりした旨味。 塩だけで十分な美味さだ。
仕事柄とは言え、なかなかの特権。ありがたく頂戴しました。
うまかったー。

でもねーこれは大量には食べられないわー。
一口のインパクトが絶大すぎてずっと食べてられない。
美味しいけどちょっとだけでOKそんな味です。 
author:hideono, category:お土産など頂きもの, 19:24
comments(0), trackbacks(0), - -
名代 宇菜とと 浅草店
なぜか鬼怒川に一泊旅行である。

望んでもいない旅行だけど、まぁ旧友にも会えるので悪くはないか。

行きも帰りも神楽坂ランチを食べ歩いたGさんと一緒。こういうのは心強いね。

東武鉄道で浅草から出発なのだが食事をどうしようか。 

ゆっくりと食べてる時間はないから弁当だなと、駅近くをふらふら探索。

吉野家があったので、「これは牛丼テイクアウトってのもアリかもしれない」

「おぉ、ケンタッキーなんて変化球もありだな」なんて

考えていたら、吉野家の横がうなぎ屋さん、しかもテイクアウト可。 

はて、味はどうか? お、彦麻呂が紹介した記事が載ってるじゃん!試してみるか!

お店の名前は「名代 宇菜とと」。 後で調べてみたら結構なチェーン店なのね。

正直、今まで知りませんでした。

500円からどんぶりで食べられるようで、とても安い!

量的にも価格的にも魅力だった700円のうな重を購入しました。 

ごはん大盛り無料らしかったんですが

自信がなかったので自重して、スペーシアに乗り込みました。

 

通過するスカイツリーを窓から眺めながら早速、ふたをオープン。

一匹どーんと乗ってました。 まだ暖かいのがうれしいですね。

ついてきた山椒の粉を上からまぶして頂きます。

 

うーん、備長炭の香りがいいですね、そして身がふんわり。

甘辛いタレはごはんとの相性で無敵になります。 

思ったより肉厚な身を、この値段で食べられることにびっくりしました。

間違いなく養殖で韓国産とかなんだろうなぁとか、ちょっと身に締まりが無さ過ぎかなぁと

思いながらもこれで700円は価格破壊でしょう。

 十分満足できるボリューム満点なお弁当でした。

 

毎年やっている牛丼チェーン店のうなぎは仕入れの関係から今年値上げの傾向らしいですね。

しかし、こう言った専門店ががんばっているのを見ると、

この夏も鰻の消費率は下がらずにすみそうですね。

 

author:hideono, category:お土産など頂きもの, 09:55
comments(0), trackbacks(0), - -
新宿 京王百貨店 大北海道展 小樽なると屋
たしかGさんから北海道旅行に行った時の話を聞いた事で覚えていたのか、

いやいや、我が家のお茶の間の定番「水曜どうでしょう」いや、

「おにぎりあたためますか」を見て覚えていたんだったっけか・・・・

まぁどれでもいい。

そんなこんなで北海道に行ったら食べたいものリストには入れてたんだけど、

北海道旅行なんてぜんぜん実現しないしーなんて思ってたら、

新宿、京王百貨店で北海道物産展に出展してるじゃないですかっ。

 

確か昨年も今頃やっており、気づいた時には終わってたんだった。

しかし今回はきちんと気がつきました。 よくやったオレ。

 

時間をずらしたタイミングの夕方ちょい前くらいに

会場に行ってみると列も少なく3〜4人ほど、こいつはラッキー♪

早々に半身揚げとザンギを3つほど買いました。

他にもカニやらウニやらラーメンやらと凄い事になってましたが浮気せずにそのまま帰宅。

早速食べてみましょう。 オーブンで暖め直して・・・。

半身揚げは、かなりずっしりしており食べ応えありそうですね、これで950円は安い。

かみさんにフォークとナイフを使ってバラしてもらいました。

 

皮が、これでもかってくらいにカリッカリッ!

中はふんわりしてて食感の違いが面白い、味はシンプルに塩味ベース。 

でもカリッカリになった皮の香りがますます食欲を沸きたてます。

半身だから部位の肉質と味の違いを楽しめるし良いですね。

うーん素材も良いんでしょうけど、この調理法は実に面白い。 

何度か温度が違う油で揚げてるんでしょうかね。こう言った手間は家庭だとやはり難しい。

 

急に食べたくなるスパイスの効いたケンタッキーも良いですが、

こうやってシンプルな味わいを楽しめる唐上げもまた素晴らしいもんだと思います。

食べてよかった。


author:hideono, category:お土産など頂きもの, 11:35
comments(0), trackbacks(0), - -