RSS | ATOM | SEARCH
群馬県邑楽郡 レストラン・ブラジル

仕事も落ち着き、プライベートな時間を楽しんでいます。

そんな中、久しぶりにツーリング仲間で群馬の辺りまで4人でバイクを走らせました。

この面子でのツーリングはかれこれ3〜4年ぶりじゃないでしょうか。 今回の目的地は群馬県西大泉町。 

近くにワインディングがあるわけでも無いのに何故ここかというとブラジルタウンがあるから。 

TVドラマ、孤独のグルメで登場したレストラン・ブラジルに行ってシュラスコってわけです。

そう、3〜4年のブランクは大きいのでリハビリツーリング。 

都心からも2時間程度、距離にして100km未満とかなりヘナッチョコww 高井戸付近を9時半ごろ出発して、

大泉から関越に乗り東松山ICから下道をトロトロ。 12時前には難なくお店に到着する事ができました。

休日の12時でしたが、お店には3〜4組程度。 

放送当時はきっとお客で溢れかえってたんでしょうけど、今では落ち着いているようですね。

ランチメニューは6種類ぐらい、ライスとサラダバーのセットにすると1000円ぐらいですが、 シュラスコ食べたかったので、

インのみ各自注文して、 ビール(バイクなのでノンアルですよ)で乾杯としました。

シュラスコはいくつかの種類がミックスされたのエスペトンミストというのを2本。

その他メニューはパンケッカ、ベッフェアホレ、カルネデパネラって感じ。 

メニューに写真は載ってるんですが、いまいち料理名だけではピンとこないものばかりですね。

シュラスコは良くテレビとかで見かけるような、店員が持ってきてくれてきってもらうタイプではなく、

ひと串ずつテーブルにドンと置いていってくれます。 そう、写真のような感じね。 今回ミックスなので、

各自串から外して取り皿で頂きました。 日本とは違う、赤味中心のイチボ、骨、鶏肉、豚のスペアリブ、ソーセージ。

イチボは、表参道のお店と違って本当に赤味のみ。

非常に淡白ですが遠火で焼いたちょっと乾燥した感じが旨みをギュッとした感じでいいですね。

ソーセージと鶏肉は海外っぽく非常にスパイスの香りが効いた感じでこれも旨い。

スペアリブは脂身もあり骨近くの肉がふんわりしてて美味しい。 これもイイ感じです。

さて、各自頼んだ料理も味身していきましょう。 カルネデパネラは、サラサラしたビーフシチューですね。 

ブロックのお肉がホロホロしてて、繊維状になるくらいまで煮込まれています。

バターたっぷりのパンとかに乗せて食べたい感じ。 ベッフェアホレも、ソースと野菜は同じ感じ。 

薄切り肉を何層かまとめて野菜を中心に纏めたのが ブロック肉の代わりに入っています。 

こちらも以外にもホロホロになるまで煮込まれていました。

パンケッカが予想外、とても柔らいラビオリにミートソースがかかっている。

そのラビオリの食感は独特でとても柔らかく、口に入れるととろけるほどです。

都内でもシュラスコを初め、ブラジル料理に再注目されてますが、この町のブラジル料理は まさにネイティブな印象。 

決して日本人ライズされてない味に感じました。 本当に群馬にいるのに海外に来たような印象でした。

ドラマでのゴローさんのようにお土産に輸入食材を仕入れて、18時には都内におりました。

本当に気軽に行くには良さそうな町ですね。
 

author:hideono, category:ツーリング・旅先で, 14:51
comments(0), trackbacks(0), - -
奥多摩 氷川キャンプ場にて 炭火焼きマサラチキン
週末はA氏からのお誘いで奥多摩キャンプ。 

もっとも次の日の朝から用事があったので自分だけ日帰りコースとなった。

都心から電車で2時間半ぐらい、

たったこれだけの時間で一面大自然の山の中に移動できてしまうんだからすごい。

空気は旨いし、日照りも熱い、夏休みみたいだ!

このキャンプ場には20年前にもA氏と一緒に来たのでとても懐かしい。

自分はまだ学生で就職の事とか色々と相談した思い出がある。

1時間ぐらい送れてしまったので、ほぼ作業は終わっており食べるだけ。

なんてタイミングで来てしまったんだ(笑) 早々にビールをご馳走になる。

大自然の中、昼から飲むビールなんて驚異的に旨いに決まってるじゃないか!

なるほど、キャンプとか止められない人の気持ちはよく分かるよ。

さてメニューはキャンプの定番カレーとマサラチキン。

マサラチキンを仕込んで来て頂いたんですが、

その仕込みをされたのが絵本作家をしてらっしゃる池谷剛一さん、

ライブペインティングやら、ライブ絵本なんて多方面で活動されていて、

話もとても面白く、とても良い出会いが出来ました。 

自分も久しぶりに絵を描いてみようかなって思えてきましたね。


さて、そんなチキンは塩、胡椒、オレガノ、カレー粉、バジル、

たまねぎをオリーブオイルで漬け込んで炭火の遠火でじっくり焼いていきます。

そうすると炭で焼いた独特の香りがプラスされて、まぁ旨いのなんのって!

レタスとトマトと一緒に食べると、また最高! 

サウザンアイランドドレッシングがかかっていますが、シーザーのほうが

お薦めだとか。 今度自分もやってみよう!!

温泉にもどっぷりつかって、まぁのんびり出来ましたわ。 

途中から来て途中で帰るなんて失礼したのに

最後、駅までみなさんで見送りに来て頂いて本当に恐縮です。

春予定しているキャンプでは自分も何か考えて持っていきたいです。

いやーしかし本当に良い時間でした、

色々と前向きになれるきっかけになりました。ありがとうございます。


author:hideono, category:ツーリング・旅先で, 10:19
comments(0), trackbacks(0), - -
東京駅 駅弁事情
 2月4日から以前より決めていた京都旅行へ来ています。

去年の夏、沖縄に行くのが台風でペケになってから、秋口の鈴鹿と

あまり出かける機会がなかったので思い切って約8年ぶりに京都。


初めて行ったのは忘れもしない中学生の修学旅行。

1日だけスケジュールを各クラスで決める事が出来、個人的に行きたかった

二条城を無理を通して行く事に決めた記憶にあります。

今思うと、後に世界遺産に登録され、老朽化の為に一般公開に規制される前に

見る事が出来てよかったと思っています。

もっとも、あの当時

二条城に興味がある人間がいなかったので罪悪感はありますが・・・。

今でも二条城は大好きな建造物の1つなので、宿泊先も二条城近くの

京都国際ホテルと決めているぐらいです。


さて、東京駅から新幹線なわけですが、最近に東京駅の発展は凄まじい。

以前なら、駅弁と言うと、ほぼ残念な部類に入るようなものばかりだったんですが、

銀の鈴近くの改装により、デパ地下並みの総菜・弁当店が多く出来ました。


出発より30分早めに着く事ができたので、もうあちこち見て

わくわく考えちゃいました。 

築地 若竹の海鮮丼も良いし、その斜め横にある牡蠣飯弁当も良いじゃないか。

まい泉のカツサンドもありだよな。

なんだ、成城石井まで入ってるのか、ここの弁当は間違いないだろうな。

なんて一人、孤独のグルメごっこを初めてみました。


以前なら穴子弁当や鯖すし、もしくは

崎陽軒の焼売とビールなんて組み合わせだったんですが、

プラプラと歩いていたら、とあるデリショップで

「ワインにあうおつまみ」なんてあるじゃないですか。

それに、その横の店では生ハムまで扱ってる!

そして通りをまたげば酒屋があるし、もうこれで決めた!


写真の通りで、ワイン片手に新幹線から眺める富士山を見ながら

優雅なランチを楽しむ事ができました。

以前からがんばってきた駅弁屋さんには申し訳ないが、こう言った楽しみの幅が

増えたのはユーザーとして歓迎すべき事。

生活が豊かになる事は人類が発展している証拠じゃないだろうか。

もちろん、以前より大好きな柿の葉寿司はメインディッシュとして

楽しませて頂きましたよ。



author:hideono, category:ツーリング・旅先で, 21:28
comments(0), trackbacks(0), - -
静岡おでん 青葉横丁
土日を使って一泊ツーリングで静岡まで行ってきた。
発案はボクでB級グルメの静岡おでんを食べたかったから(笑)
東名→ターンパイク→伊豆スカ→駿河湾フェリーと走り自体も満足がいき無事18時には
静岡駅近くの宿に到着。
早々に静岡の夜の街に繰り出した。

静岡駅から歩いて10分程度のところに青葉横丁なる、おでん屋が十数件並んだ場所がある。
まるで新宿のゴールデン街のような場所で、
10人も座れば満席になるようなカウンターだけの小さなお店ばかり。
この日は偶然にも静岡祭りが開催されており、観光客も多く賑わっていた。
当然この青葉横丁も人が多かったが、なんとなく適当に1店ふらりと入ってみた。
お店のママも観光客になれた様子で、おでんを適当に出してくれた。

うーんとても濃い色。塩気が多そうに見える。
そこにセルフでだし粉をパラリで 見た目も静岡おでんらしくなった。
食べてみると、それほど塩辛くない。
色が濃い理由は鰻屋の秘伝のタレのように継ぎ足し使っているからだそう。
ふーむなるほど、関東のおでんより力強い旨みがあるのは、これも継ぎ足しているからか?
鰹だしだけのような華やかなイメージではないのだ。
しかし臭みではなく、しっかりした力強い旨み。
大根もジャガイモも、この出汁がしっかり染みていて旨いのなんの。

そしてもう1つの特徴である「黒はんぺん」。
これは骨や皮なども一緒に摩り下ろして混ぜてしまうことで黒くなる。
普通のはんぺんに比べたら雑身のある感じではあるが、
その分色々な場所の旨みが合さり、強い味になる。
なんとなく愛媛のジャコ天に似ている。
歯で噛み切ると摩り下ろされた骨を感じるのも、また楽しい。
これはおでん以外にフライでも食べたが、こちらも美味しかった。

ふらっと入ったお店にしてはよかったなぁと思ったことの1つはママさんが気さくで
適当なあしらいが上手くストレスなく楽しめた。
いやぁー満喫の静岡おでんでした。

author:hideono, category:ツーリング・旅先で, 10:07
comments(0), trackbacks(0), - -
清里 ROCK (ロック)
シルバーウィーク明けという事もあり27日は
高速も意外と空いていた。
目的は清里にある「LOCK」のカレーを食べる事!
朝早めに出たので、ちょっと足を伸ばして諏訪大社まで。
それでも午前中で事すんでしまった。

メルヘン街道を通り、目的地「LOCK」に着いたのは13時。
お昼時という事で混んでいる。
それでも店員の仕切りがよくて20分前後で席に座ることが出来た。
ここを知るきっかけはブログで見てだけど、
一緒に行ったアラシくんも以前お店のツーリングで来ているそうだ。
注文は決まっている。
ベーコン&ファイヤードックカレー。
3人だったのでソーセージ盛り合わせにグレープジュースも追加!

最初、ソーセージ盛り合わせが到着。
これがどれも美味。
ホワイトソーセージはハンペンみたいにフワフワだし、
レバーケーゼもレバーの臭みがないので、嫌いな人にも気づかれないんじゃないかな。

そしてメインのカレー。
サラダ、カレーにベーコン、ソーセージと1皿に山盛り状態!
すごい量だ。 

カレーはお肉屋さんのカレーっぽく、
下のご飯が見えないくらいかかっているルーは、
よーく煮込まれた牛肉が繊維状になっている。
スパイシーではないので辛いのが苦手な人にもよさそうだ。
トロミのあるルーにライスを絡めて頂きます。
上にのっているベーコンも燻製の香りが自然でいい。
ソーセージはちょっと辛めでボク好み。
以外と歯ごたえがあるので食べ応えはあります。

それにしても、すごい量。
男3人でも結構きつくなるくらいでした。
まわりの席を見てみると必ずしもカレーと言う訳でもなく、
ピザやローストポークも美味しそうに見えました。
なによりも外の緑を見ながらの食事は美味しい。癒されます。
レジ近くには食事で食べたソーセージやベーコンもお土産用で売っているので
それだけ目的でも十分立ち寄る価値はある場所ですね。

author:hideono, category:ツーリング・旅先で, 10:41
comments(0), trackbacks(0), - -
入間基地でブルーインパルス ホルモン焼きとソーセージ
友人に誘われてブルーインパルスの曲芸飛行を見に
入間基地までやってきた。

よくテレビで見たりはするけど、
生で戦闘機が飛ぶのを見るのは初めて。
予想以上の速さと正確さ、美しさに感動!
本物を見ちゃうと何でも虜になっちゃうね。

さて、出店もかなり多く出張していた吉野家もあったし、
横須賀海軍カレーも横須賀から(?)出張。
まぁ気になったホルモン焼きと骨付きソーセージをほうばった。
期待してなかったがソーセージが割と
スパイシー&肉の粗挽き具合で割よく出来ており美味しい!
プリッとかぶりつくと香りがいい肉汁があふれ出したよ!
ホルモンのほうはちょっと薄味すぎだったかな。
でも入っていたうどんに味が染み込み美味しい。

しかし青空の下でつまみながら、ちょっと呑んで。
そして戦闘機飛んじゃうなんていい休日ですよ。
author:hideono, category:ツーリング・旅先で, 22:16
comments(0), trackbacks(0), - -
FUJIYAMAバーガー
いつものメンバーで富士急ハイランドまで
ツーリングへ行ってきました。
これはガンダムクライシスが目的だ。
そして富士急の中にはモスバーガーがあり、
ここしか置いてないFUJIYAMAバーガーがある。

まぁモスバーガーが
ダブルになってるだけなんだけどこのボリューム!
そしてモスバーガー特有の食べにくさ!(笑)
もうお腹いっぱい!
ポテトとドリンクのセットで1000円
まぁいいバランスかな。
ここはコモノッティーにゴチになりました。
サンキュー!!
author:hideono, category:ツーリング・旅先で, 13:16
comments(0), trackbacks(0), - -
那珂湊から
会社で一緒にやってきたライターが
辞めると言うことで、送別旅行を企画。
場所は那珂湊。ボクはこの場所初めてだ。

みんなは車で、ボクはバイクで現地へ向かう。
ボクのバイクはドゥカティST3、もうかっとびだ。

早めに着いてしまい、一般に解放されている市場で時間つぶし。
値段も安いし美味しそうな食材が山ほどある!
生ガキ、エビの炭火焼、いか焼きなど、その場でも食べられる。
仲間の到着を待ってられないボクは
蛤のカラに山盛りのったウニを焼いたのをいただく。
ホックホクして甘くいてイイ!
これは日本酒とか欲しくなる味だよ〜。

しかし都心からこんなに近くて、いい場所があるなんて
知らなかったヨ。
場所が大洗の近くなのでサーファーな奴はよく来る場所だと、
仲間から聞きました。

帰りはキンキとイカを買って帰りました。
もちろん帰りもかっとびで。





帰ってきた次の日ニュースで知りました。

阿部典史さん事故で死去

ノリックの愛称で知られ、
バイク界に大きな功績を残した人ですが残念です。
ご冥福をお祈りいたします。

ボクも安全運転いたします。
author:hideono, category:ツーリング・旅先で, 10:51
comments(0), trackbacks(0), - -
奥多摩 陣屋にてそば定食
GWの一日を使い、いつもの気の合うメンバーで
奥多摩までツーリングへ。 

今回、ボクが大型免許を取得と言う事で中型バイクの
引退もかねてのツーリングだ。
しかし、ボクが行くのだから、食べ物に関してもしっかりしておかないと。
後輩のアラシくんが調べてくれ、ここのそば屋で昼食となった。
さすがに休日なので並んでいたが20分くらいで店内に入れた。
しかし、なかなかそばが出てこない。
座り席だけだと思っていたら、奥が座敷になっている模様。
思った以上に席数があるのだな。

さて頼んだそば定食だが、そばと刺身こんにゃく、山菜を楽しめるように
なっているようだ。
そばも手打ちらしく、キレイに揃っていないが
香りも良く、そばつゆとのマッチングも良いようだ。

かなり気に入ったのは刺身こんにゃく。 これは都内食べるしっかりした
感じではなく、適度にゆるく、のどごしと歯ごたえが楽しめる物だ。
正直あまり得意ではない、辛子酢味噌もみずみずしく美味しかった。

これは平日にきたらのんびりと過ごせていいかもしれない。
author:hideono, category:ツーリング・旅先で, 14:54
comments(0), trackbacks(0), - -